「この世界の片隅に」Blu-ray&DVD9月15日発売 映画館では見ることのできない映像特典も | アニメ!アニメ!

「この世界の片隅に」Blu-ray&DVD9月15日発売 映画館では見ることのできない映像特典も

ニュース

2016年11月12日に公開がスタートし、その後口コミで評判が広がった『この世界の片隅に』。最終的に累計動員数199万人、興行収入は25億8千万円という記録を達成した本作のBlu-ray&DVDが、9月15日に発売となる。

物語では、第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に前向きに生きていく女性・すずを描いている。
原作はこうの史代の同名漫画で、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。監督を務めたのは『BLACK LAGOON』『マイマイ新子と千年の魔法』などテレビアニメや映画で幅広い作品を世に送り出している片渕須直だ。片渕監督は原作漫画を忠実に再現しつつも、戦中戦後の広島・呉の綿密なリサーチと時代考証を実施。当時の雰囲気を色鮮やかに描き出した。
主人公・すずを演じたのは、本作がアニメ映画初主演となった女優・のん。そのほか細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔といった声優・俳優陣が脇を固める。

今回のBlu-ray&DVDは、バンダイビジュアルが発売・販売を担当する。税抜価格はBlu-ray特装限定版が9,800、Blu-ray通常版が4,800円、DVDが3,800円だ。
Blu-ray特装限定版には約240分の映像を収録した特典ディスクが付属する。このディスクにはメイキング映像やオリジナルサウンドトラック発売記念スペシャルライブ、「練馬アニメカーニバル2015トークイベント」「呉市立美術館トークイベント」などの模様が収録される予定だ。

本編ディスクのほうにも映像特典が用意されており、クラウドファンディング支援者イベント向けの冒頭エピソード「冬の記憶」、さらにパイロットフィルムなども視聴できる。オーディオコメンタリーも評論家による解説編、声優陣が集結したキャスト編の2種類が用意されており、映画館で見た人でももう一度楽しめる内容だ。

この世界の片隅に Blu-ray&DVD
2017年9月15日発売
税抜価格/Blu-ray 特装限定版:9,800円 Blu-ray通常版:4,800円、DVD通常版:3,800円(全て税抜き価格)
発売・販売元:バンダイビジュアル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集