新作劇場版「KING OF PRISM」挿入歌は前作から約2倍の全13曲に! | アニメ!アニメ!

新作劇場版「KING OF PRISM」挿入歌は前作から約2倍の全13曲に!

6月10日より全国で公開となる劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の挿入歌が前作の約2倍となる全13曲が使用されていることが明らかになった。

ニュース
6月10日より全国で公開となる劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の挿入歌が前作の約2倍となる全13曲が使用されていることが明らかになった。

テレビアニメ『プリティーリズム』シリーズの流れを汲み、歌・ダンス・ファッション・フィギュアスケートを組み合わせたプリズムショーが楽しめる本作。
オリジナル楽曲の数々に加え、90年台にダンスミュージックブームを巻き起こしたtrfのカバー楽曲も登場するなど、耳なじみのある楽曲も人気を得ている。
前作『KING OF PRISM by PrettyRhythm』でも多彩な楽曲でファンを魅了したが、今回はそれ以上に本編を彩るさまざまな音楽が楽しめそうだ。

また本予告でも話題の新キャラクター・高田馬場ジョージが所属するThe シャッフルの「恋のロイヤルストレートフラッシュ」は、自分で歌わない“口パクアイドル”という設定に則って、ジョージのみ小林竜之演じるゴーストシンガーが歌っている。
一度聴いたら忘れないキャッチーなアイドルソングに仕上がっており、こちらも映画を盛り上げる一因となってくれるだろう。

さらに前作と同じく、“エーデルローズ新入生”が歌うエンディングテーマソングにも注目が集まる。
エンディングテーマに採用されている新曲「Vivi°C Heart Session!」も本予告で視聴でき、新入生たちの息の合った歌声や掛け声が印象的だ。
何度聞いても飽きることのない楽曲に仕上がっており、華やかな作品のエンディングを飾るにふさわしい1曲だ。

その他、本シリーズではお馴染みとなったEZ DO DANCEはもちろん、新旧含めた数々の楽曲も多数登場。本予告でも「煌めき200%」というキャッチコピーが登場するが、その触れ込みに見合った作品となりそうだ。

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズム PH 製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集