「刀使ノ巫女」しずまよしのりのキャラクター原案を公開 世界観も明らかに | アニメ!アニメ!

「刀使ノ巫女」しずまよしのりのキャラクター原案を公開 世界観も明らかに

オリジナルアニメ企画『刀使ノ巫女』(とじのみこ)のキャラクター原案が公開された。4人の少女たちの可愛らしいビジュアルが確認できた。

ニュース
オリジナルアニメ企画『刀使ノ巫女』(とじのみこ)のキャラクター原案が公開された。4人の少女たちの可愛らしいビジュアルが確認できた。

本作のキャラクター原案はイラストレーター・しずまよしのりが担当。日本刀を使って異形の存在と戦う刀使である女子中学生たちを描いている。
衛藤可奈美は美濃関学院中等部二年生の13歳。御刀は千鳥。中等部ながら学院の代表になるほどの剣の腕を持つ。明るく前向きな性格で友達も多い。試合が大好きで相手の妙技や工夫を見ると楽しくなってしまう一面を持つ。
十条姫和は平城学館中等部三年生の14歳。御刀は小烏丸。真面目でクールな性格で、誰よりも刀使としての責任感が強く、一度決めたことは決して曲げない意思の強さを持つ。その妥協を許さない姿勢ゆえにまわりからは誤解されることも多い。
柳瀬舞衣は可奈美と同じ美濃関学院の二年生。御刀は孫六兼元。新興の大企業・柳瀬グループ代表の令嬢で、面倒見がいいお姉さんタイプだ。糸見沙耶香は鎌符女学院中等部一年生の12歳。御刀は妙法村正。幼いながらも最速の剣を誇る天才刀使だが、周囲とのコミュニケーションをとるのが苦手である。それぞれのキャラクターはもちろん、学校の制服もキュートな仕上がりとなっている。

さらに世界観の詳細も明らかになった。刀使は御刀を所持する神薙ぎの巫女であり、自らが寄り代となって御刀の神力を引き出して、異形の存在・荒魂を斬って鎮める。彼女たちの多くは成人前の学生で、警察の職務に勤しみながら専門の学校に通って、刀使としての技術を学んでいる。
御刀は神性を帯びた稀少金属・珠鋼を精錬して作り出された日本刀。荒魂に対抗できる唯一の武器であり、隠世と呼ばれる異世界から超常の力を引き出せる。本編では多彩なアクションを楽しめそうだ。

『刀使ノ巫女』

(C)伍箇伝計画/刀使ノ巫女製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集