梶裕貴、鈴木達央、野沢雅子が出演決定「きみの声をとどけたい」特報公開 | アニメ!アニメ!

梶裕貴、鈴木達央、野沢雅子が出演決定「きみの声をとどけたい」特報公開

ニュース

湘南を舞台にした高校生たちの青春を描く劇場用オリジナルアニメ『きみの声をとどけたい』の公開日が2017年8月25日に決定し、初の特報映像がお披露目となった。追加キャストとして梶裕貴、鈴木達央、野沢雅子の出演も発表されている。

同作は『時をかける少女』や『ちはやふる』のマッドハウスが制作するオリジナル作品。メールやSNSなどにはない“声の力”をテーマに、将来の夢が見つからず焦る主人公・行合なぎさを中心とする高校生たちが起こす小さな“キセキ”が描かれていく。メインキャストには2016年8月にオーディションを勝ち抜いた新人声優ユニット“NOW ON AIR”の6名に加え、三森すずこが起用されている。

今回は劇場公開日の発表とともに初の特報映像がお披露目となった。夏の爽やかな湘南を舞台に、「コトダマ」を信じる行合なぎさがラジオを始める様子が映し出されている。疾走感の中に16歳の少女たちの友情や想いが詰まった、青春まっしぐらな特報だ。

また併せて追加キャストも発表され、主人公・行合なぎさの同級生である小動大悟役として梶裕貴が出演するほか、川袋将暉役を鈴木達央、なぎさの祖母役を野沢雅子が務めることも明らかになった。
梶は作品について「瑞々しい青春が詰まっている素敵な空気感の作品です。ヒロインのなぎさ役を演じられているのが現役高校生の役者さんということで、等身大ならではの魅力を感じました」と語り、鈴木は将暉役について「作品の中に流れている空気感、街で暮らす人々の雰囲気を大事にしながら、声の中での普段の生活音というものに個人的には焦点を当てつつ、彼と向き合いました」とコメント。野沢は「言葉にはタマシイが宿っているんだよコトダマって言ってね」というセリフを引用し、「この一言だけでもこの作品を観て身体の中にずーっとしまっておいて頂けたら嬉しいです」との思いを寄せている。

さらに3月より江ノ島電鉄全駅にて掲示中の地元限定ポスターには第2弾が登場し、“アジサイ”をモチーフとした描き下ろしビジュアルが発表となった。5月末からの掲出が予定されており、公開に向けて引き続き『きみの声をとどけたい』が湘南を彩ってくれそうだ。



『きみの声をとどけたい』
2017年8月25日(金)TOHOシネマズ新宿ほか全国公開

(C)2017「きみの声をとどけたい」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集