短編アニメ上映会「アニメーション・パレット」岩手、名古屋、京都、福岡にて巡回開催が決定 | アニメ!アニメ!

短編アニメ上映会「アニメーション・パレット」岩手、名古屋、京都、福岡にて巡回開催が決定

ニュース

2016年11月に都内で開催された短編アニメ上映会「アニメーション・パレット」が、2017年5月20日より全国4都市で巡回上映を行うと発表した。メンバー8名によるフレッシュな作品の上映とともに、東北(岩手)、東海(名古屋)、 関西(京都)、九州(福岡)の各会場にゆかりのあるアニメーション作家をゲストに迎えた各都市オリジナルのプログラムが実施される。

アニメーション・パレットは、映像制作のプロである8名の若手作家により構成されている団体だ。NHK Eテレ「0655・2355」で日付を知らせる「日めくりアニメ」を担当している田中美妃、永迫志乃、野中晶史のほか、「Fantoche国際アニメーションフェスティバル」や「アヌシー国際アニメーションフェスティバル」で入選を果たしたばかりのキム・ハケン、「第69回毎日映画コンクール大藤信郎賞」の小野ハナ、「イメージフォーラムフェスティバル 寺山修司賞」の松本紗季(中野咲)、 NHKみんなのうた「ヤミヤミ」に代表される秦俊子、「SEKAI NO OWARI」のライブ映像など手掛ける飯田千里らが所属している。

今回の巡回上映会は、新作の『パカリアン』や『face-san』もお披露目される貴重な機会となる。また国内外で活躍するアニメーション作家を招いたことにより、会場ごとに特色豊かなプログラムが実現している。
5月10日よりアニメ制作にまつわる展示を同時開催している岩手会場では、uwabamiの『ボンとハレトモ~古代遺跡で大慌て~』など計5作品のゲストプログラムが揃った。このほか6月2日の福岡会場では計6作品、6月9日・10日の名古屋会場では計4作品、6月11日の京都会場では8作品がラインナップされており、飯田千里の『タコ船長と待ちわびた宝』など8作品の4都市共通プログラムとともに鑑賞することができる。色とりどりの短編アニメを楽しめる、またとないチャンスとなりそうだ。

「アニメーション・パレット2017」
料金: ワンドリンク制500円
岩手会場: 旧石井県令邸
      5月20日(土)11:45開場 12:00~14:10
      5月20日(土)14:15開場 14:30~16:40
     (5月20日終了後、懇親会を開催。予約不要、参加費無料)
      5月21日(日)12:45開場 13:00~15:10
福岡会場: 冷泉荘
      6月2日(金)18:00開場 18:30~21:00
名古屋会場: シアターカフェ
       6月9日(金)18:00開場 18:30~20:50
       6月10日(土)13:00開場 13:30~15:50
       6月10日(土)17:00開場 17:30~19:50
京都会場: おもちゃ映画ミュージアム
      6月11日(日)12:30開場13:00~15:30
      6月11日(日)16:00開場16:30~19:00
     (6月11日終了後、懇親会を開催。予約不要、参加費1000円)
      ※当日12:00より整理券を配布。(各回先着25名)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 短編アニメ上映会「アニメーション・パレット」 若手クリエイター8人の作品が集結 画像 短編アニメ上映会「アニメーション・パレット」 若手クリエイター8人の作品が集結
  • 人体模型アニメ「放課後ミッドナイターズ」短編制作のクラウドファンディングを開始 画像 人体模型アニメ「放課後ミッドナイターズ」短編制作のクラウドファンディングを開始

特集