「破裏拳ポリマー」初日舞台挨拶、溝端淳平らキャスト陣が集結 | アニメ!アニメ!

「破裏拳ポリマー」初日舞台挨拶、溝端淳平らキャスト陣が集結

『破裏拳ポリマー』 溝端淳平らによるチームワーク抜群の初日舞台挨拶が開催された。

ニュース
タツノコプロ55周年を記念し、実写映画化され、話題を呼んでいる『破裏拳ポリマー』。5月13日にいよいよ待望の公開を果たした。それを記念して、溝端淳平、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜に加え、長谷川初範と神保悟志、そして監督の坂本浩一による初日舞台挨拶が行われた。
トークセッションでは、溝端らキャスト陣の息の合った掛け合いに会場は大きな盛り上がりをみせ、公開の初日に相応しい弾みをつけた。

『破裏拳ポリマー』は1970年代に起こったカンフーブームから生まれた作品だ。『ガッチャマン』や『キャシャーン』など魅力的なヒーローを生み出し続けてきたタツノコプロにおいて、「破裏拳流」という独自の流派で戦う最もフィジカルなヒーローとして、根強い人気を誇っている。

トークセッションでは本作のヒーローである破裏拳ポリマーが変身ならぬ”転身”して戦う事にちなんで、各登壇者に「自分が転身したら何をしたいか」というテーマでそれぞれ質問が投げかけられた。まず溝端と山田のイケメンコンビには「転身したのは宇宙のヒーロー、誰と戦いたい?」とお題が出され、山田は「最近宇宙で暴れてるアライグマですかね(笑)」と同時期公開の某ライバル作品の主人公をあげた。それ対して溝端は「怖いエイリアンとかは嫌だから『うる星やつら』のラムちゃんが良いかな。可愛いし逆にやられても嬉しいです(笑)」とまさかのやられ願望を語り、爆笑に包まれた。
また、「異性に転身したらまず初めに何をしたい?」という質問に、原は「女の子をナンパしたいです」と答え、その回答に対して男性陣は大興奮!山田裕貴が「どんな風に?」と尋ねると、溝端淳平が「じゃあ山田君を女の子と思ってやってみて」と無茶ブリ!原幹恵が照れつつも山田裕貴に「すごくタイプで、一目見た瞬間にすごく良いなと思いいました」と言いかけると、山田裕貴は「もう我慢できねー!!」と原幹恵に抱きつくというまさかの事態に!?山田裕貴は溝端淳平にツッコまれ、キャスト陣の息のあったチームワークが披露された。

フォトセッションでは、観客は事前に配布された「ポリマーお面」を装着し、撮影時には溝端が「転身!」というと、会場全体が「ポリマー!」と作中で溝端演じる鎧武士が“転身”する際に必要なダイアローグコードを一斉に叫び、会場がひとつとなり、舞台挨拶は終了した。

『破裏拳ポリマー』全国公開中!  
配給:KADOKAWA

キャスト:溝端淳平 山田裕貴 原幹恵 柳ゆり菜 神保悟志 長谷川初範
主題歌:「悲しみ無き世界へ」グッドモーニングアメリカ(日本コロムビア/トライアド)
原作:タツノコプロ / 監督:坂本浩一 / 脚本:大西信介

(C) 2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集