「セントールの悩み」紫乃役に桐生朱音を起用 マチ★アソビイベントで明らかに | アニメ!アニメ!

「セントールの悩み」紫乃役に桐生朱音を起用 マチ★アソビイベントで明らかに

TVアニメ『セントールの悩み』の新キャラクター情報が明らかになった。君原姫乃のいとこ・紫乃役に桐生朱音が起用された。

ニュース
TVアニメ『セントールの悩み』の新キャラクター情報が明らかになった。君原姫乃のいとこ・紫乃役に桐生朱音が起用された。

5月6日に本作のイベント「『セントールの悩み』トーク&ライブ」が徳島市の「マチ★アソビVol.18」にて行われた。イベントではキャストより君原姫乃役の深川芹亜、獄楽希役の桑原由気、オープニングテーマ「教えてダーウィン」のピュアリーモンスター、エンディングテーマ「Edelweiss」の亜咲花が登壇。司会は桐生朱音が務め、最新情報が公開された。
会場はキャストトークや主題歌ライブなどで大盛況。さらにイベントの終盤では、姫乃のいとこにあたる新キャラクター・紫乃を公開し、キャラクターボイスを桐生が担当すると発表された。ピュアリーモンスターのメンバーでもある彼女が、主題歌だけでなく声優としても作品を表現していく。
今回の起用について桐生は「甘えん坊だけど実はしっかりした部分もある紫乃ちゃん。個人的にも、彼女の成長がとっても楽しみです。皆様に紫乃ちゃんの愛らしさが伝わるよう演じていきたいです! 不思議だけど日常という、この世界観を一緒に楽しみましょう!」とメッセージを伝えた。

『セントールの悩み』は村山慶が「月刊COMICリュウ」にて連載中のマンガが原作である。ケンタウロスの君原姫乃をはじめ、亜人たちの学生生活を描いたファンタジー作品として人気を博している。
総監督は『えとたま』の追崎史敏、監督は『咎狗の血』の紺野直幸、シリーズ構成は『THE IDOLM@STER』の待田堂子が担当。アニメーション制作は『銀の墓守り』の絵梦が行う。

『セントールの悩み』
2017年7月よりTOKYO MX ほかにて放送開始

(C)2017 村山慶/徳間書店・彼方市思想教育委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集