実写映画『銀魂』主題歌はUVERworldに決定 新曲「DECIDED」を書き下ろし | アニメ!アニメ!

実写映画『銀魂』主題歌はUVERworldに決定 新曲「DECIDED」を書き下ろし

ニュース

2017年7月14日より全国ロードショーを迎える映画『銀魂』。初の実写映画化となる同作の主題歌を、滋賀県出身の6人組ロックバンド“UVERworld”が担当することが発表された。ボーカルのTAKUYA∞(タクヤ)よりコメントも到着している。

映画『銀魂』の原作は、「週刊少年ジャンプ」連載中で累計発行部数5,100万部以上を誇る人気同名マンガ。高層ビルが立ち並び、空に無数の宇宙船が浮かぶ宇宙人に支配された江戸を舞台に、主人公の坂田銀時らが営む万事屋の周囲で起こる様々な事件や騒動が描かれていく。

このたび本作の主題歌を担当することが発表されたUVERworldは、2005年発表のシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビューを果たしたロックバンド。以降リリースしたシングルとアルバムのほとんどがチャート上位にランクインしており、2010年に東京ドーム、2014年には京セラドーム大阪での単独公演を行っている。独自のサウンドと歌詞で若者を中心に絶大な支持を得ている彼らが、今回映画『銀魂』のために新曲「DECIDED」を書き下ろした。

作詞・作曲を手掛けるボーカルのTAKUYA∞(タクヤ)は「豪華キャストとスタッフ、世界的な人気漫画の実写化ということで制作発表からすでに大きな話題になっていた作品にまさかUVERworldが関われるとは思ってもいませんでした」と驚きを交えつつ喜びを語る。
楽曲制作にあたっては「笑いあり、アクションあり、感動ありの銀魂の世界を盛り上げる起爆剤を提供できればという思いで作りました」といい、「最後の一瞬まで侍達の生きる姿を見逃さず映画を楽しんでください」とのメッセージを寄せた。

主題歌&本編ともに完成間近という映画『銀魂』。“起爆剤”という「DECIDED」はどのような楽曲なのか、公開に向けてますますファンの期待が集まりそうだ。

映画『銀魂』
7月14日(金)より全国ロードショー

(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集