「吉浦康裕の世界」新文芸坐で4月29日オールナイト上映 「イヴの時間」など7作品 | アニメ!アニメ!

「吉浦康裕の世界」新文芸坐で4月29日オールナイト上映 「イヴの時間」など7作品

ニュース

(C)Yasuhiro YOSHIURA
  • (C)Yasuhiro YOSHIURA
  • (C)2005 Yasuhiro YOSHIURA/Directions,Inc.
  • (C)Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee2013
アニメ専門誌『アニメスタイル』が池袋の名画座・新文芸坐にて開催するオールナイトイベント「新文芸坐×アニメスタイル セレクション」。2017年4月29日(土)に行われる「Vol.92」では、吉浦康裕監督の作品を特集する。デビュー作『ペイル・コクーン』から昨年の「日本アニメ(ーター)見本市」で公開された『機動警察パトレイバーREBOOT』までを上映し、アニメ監督・吉浦康裕の世界にせまる。

吉浦監督は、北海道出身・福岡育ちのアニメーション監督。九州芸術工科大学(現・九州大学芸術工学部)に進学し、在学中に自主制作アニメーションの世界にのめり込む。卒業後に制作したデビュー作『ペイル・コクーン』は個人制作離れしたクオリティが話題となり、DVD化もされた。
活動拠点を東京に移した後は、2008年から2009年にかけて、全6話のWEB制作アニメ「イヴの時間」を制作・公開し、2010年には劇場版として全国公開する。2013年には劇場用オリジナルアニメ『サカサマのパテマ』を公開。本作は第17回文化庁メディア芸術祭にてアニメーション部門優秀賞を受賞するなど、話題を呼んだ。その後は「日本アニメ(ーター)見本市」にも参加し、昨年は名作『機動警察パトレイバー』の完全新作アニメを手がけた。

今回のオールナイトイベントで上映されるのは、『ペイル・コクーン』『イヴの時間』『アルモニ 』『サカサマのパテマ』と短編作品の『POWER PLANT No.33』『ヒストリー機関』『機動警察パトレイバーREBOOT』の計7本。開演は22:45で、翌朝5:15まで吉浦監督作品を堪能できる。さらに吉浦監督自身もトークゲストとして登壇。ファンにとってはたまらない一夜になりそうだ。

■新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 92 吉浦康裕の世界
日時: 2017年4月29日(土)
開場/22時30分/開演:22時45分 終了:翌朝5時15分(予定)
会場: 新文芸坐
料金: 一般2600円/前売・友の会2400円
※前売券は、新文芸坐とチケットぴあで発売中
トーク出演: 吉浦康裕、小黒祐一郎
上映タイトル
『日本アニメ(ーター)見本市/POWER PLANT No.33』
『同/ヒストリー機関』
『同/機動警察パトレイバーREBOOT』
『ペイル・コクーン』
『イヴの時間 オリジナル版』
『アルモニ』
『サカサマのパテマ』

(C)2005 Yasuhiro YOSHIURA/Directions,Inc.
(C)Yasuhiro YOSHIURA
(C)Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee2013
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事