「進撃の巨人」セブン銀行ATMと異色のコラボ ATMコーナーに巨人出現 | アニメ!アニメ!

「進撃の巨人」セブン銀行ATMと異色のコラボ ATMコーナーに巨人出現

ニュース

2017年4月より待望のアニメseason2がスタートする『進撃の巨人』。それに伴い、さまざまな展開を見せる本作だが、今回セブン銀行のATMとのコラボレーションという異色の展開を見せることがわかった。
今回コラボレーションするATMの設置場所は東京・中野ブロードウェイだ。多くのサブカルが混在する通りなだけに、今回の『進撃の巨人』とのコラボレーションは、多くの人の注目を集めそうだ。

『進撃の巨人』は諫山創原作で「別冊少年マガジン」で連載中の漫画だ。2013年4月にテレビアニメの放送がスタートされ、14年に総集編の劇場版 前編、15年に劇場版後編が公開された。『進撃!巨人中学校』や『進撃の巨人 悔いなき選択』、『寸劇の巨人』などさまざまなスピンオフ漫画も好評を博している。そして、2015年には前後篇で実写映画化。三浦春馬や長谷川博己、水原希子など豪華キャストたちが出演し、こちらも大きな話題を呼んだ。

多くの話題を提供してきた本作だが、今回はまさかのATMとのコラボ。中野ブロードウェイのセブン銀行ATMコーナーを『進撃の巨人』仕様に変更し、天井にはエレン、リヴァイのパネルを設置。世界にただひとつの特別ブースとなっている。それだけではなく、横には「巨人出現注意」の文字が書かれており、煙が立ち昇る壁がある。
実はこの部分をフラッシュ撮影すると、本ブースの真の姿が明らかとなる仕掛けが施されている。床に設置された足跡マークの前でカメラを起動させ、壁の煙をフラッシュ撮影すると写真に巨人が浮かび上がってくるというものだ。ATMブースにいながら、『進撃の巨人』の世界観を体感することができるというユニークなものになっており、ファンなら一度は訪れたいものとなっている。

2017年4月29日、30日に幕張メッセで行われる「ニコニコ超会議 2017」にも本作のコラボブースが出展される。アニメ放送に向けてさらなる展開を見せる本作の動向は、今後も見逃せないところだ。

(C) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集