ゲーム「陰陽師」AnimeJapanで日本初出展ステージ開催 コスプレイヤーも多数出演【AJ2017レポート】 | アニメ!アニメ!

ゲーム「陰陽師」AnimeJapanで日本初出展ステージ開催 コスプレイヤーも多数出演【AJ2017レポート】

イベント・レポート

『陰陽師』日本初出展!スペシャルステージ
  • 『陰陽師』日本初出展!スペシャルステージ
  • 『陰陽師』日本初出展!スペシャルステージ
  • 『陰陽師』日本初出展!スペシャルステージ
3月25日、スマートフォンゲーム『陰陽師』の日本初出展を記念したスペシャルステージが、AnimeJapan 2017にて開催された。REDステージには主演の杉山紀彰らキャスト陣が登壇。コスプレイヤーも多数出演し、AnimeJapanの中でもひと際華やかなステージとなった。

本作は日本で2017年2月にサービスがスタートし、国内150万ダウンロード、全世界では2億ダンロードを記録したスマホゲームである。記憶を失った安倍晴明を主人公としたストーリーや、平安時代の美しくも怪しい世界観が人気を集めている。50名以上の人気声優陣がフルボイスでキャラクターを演じているのも見逃せないポイントだ。
その日本初出展を祝うステージは、踊り手の足太ぺんた、@小豆のダンスによって開幕した。二人は可憐なコスプレ姿も披露し、本作の世界を表現していく。約5分間の演舞を終えると、客席から大きな拍手が送られた。

続いてはキャスト陣より、安倍晴明役の杉山紀彰、姑獲鳥/清姫役の行成とあ、大天狗役の前野智昭、雪女役の諏訪彩花が登壇した。杉山は自身の役柄について「とても有名な人物を演じさせてもらって光栄に思っています」とコメント。「安倍晴明は知的で聡明で物腰が柔らかいというイメージを持っていたので、そのベースラインを大切にして、崩さないように演じていきました」とアフレコについて語った。
行成は一プレイヤーとしてゲームをやり込んでいるとのこと。姑獲鳥と清姫はどちらも強いキャラのため、「自分の声が2回聞こえるのはちょっと変な気持ちですが……」と語りつつ、どちらもパーティーに加えていることを明かした。

前野は「現場に行くとプレイしている方から“前野さんを育てています”と良く言われるんです」と漏らして、声優の間でもブームになっていることを告白。会場の笑いを誘った。
諏訪は雪女だけでなく、蛍草、キョンシー妹、骨女の4役を演じている。その中でも雪女がお気に入りだと語り、「クールビューティーなキャラクターです」と魅力を語った。

イベント中盤には「式神召喚チャレンジ」コーナーに突入。実際にゲームをプレイして、キャラクターを召喚させる企画にキャスト陣が挑んだ。最後にチャレンジした諏訪は見事にSSRを引き当てる強運っぷりを見せつけて、客席の歓声を独り占めにした。
後半はキャラクターに扮したコスプレイヤー7人が登場。さらに正解するとプレゼントが貰えるクイズ企画でファンと交流するなど大盛況となった。最後は杉山が「かなりボリュームのある壮大な世界観になっております。ぜひ隅から隅まで皆さんに遊んで頂けたら、そしてこれからも『陰陽師』を応援して頂けたらなと思っています」とメッセージを伝えた。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2016年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア: 2016年3月25日(土)~3月26日(日)
場所:東京ビッグサイト

『陰陽師』
(C)2017 NetEaseInc.All Rights Reserved
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集