「劇場版 マジンガーZ」AJステージに森久保祥太郎、茅野愛衣が登壇「声優キャリアを賭けて演じたい」 | アニメ!アニメ!

「劇場版 マジンガーZ」AJステージに森久保祥太郎、茅野愛衣が登壇「声優キャリアを賭けて演じたい」

ニュース

3月26日、AnimeJapan 2017のBLUEステージにて、「『劇場版 マジンガーZ』(仮題)起動記念イベント」が行われた。声優の森久保祥太郎と茅野愛衣が登壇し、最新情報が次々と発表された。

まずは司会のアニメ評論家・藤津亮太が登壇。乗り込み型巨大ロボットアニメの原点である『マジンガーZ』を紹介した後に、イベント立会人として森久保と茅野が姿を見せた。
『マジンガーZ』は1972年に放送がスタート。森久保は「僕が生まれる前の作品ですが見ていた記憶はあります。再放送で楽しんだ世代だと思います」とコメント。茅野も「主題歌はすごく知っています。永井豪さんの作品は『キューティーハニー』もそうですが、歌も魅力ですよね」と語っており、オンエア終了後の世代にも高い認知度を誇ることが分かった。

イベントでは『マジンガーZ』の名場面が上映された。最初はマジンガーZが合体するパイルダーオンのシーンだ。茅野はプールから出てきたマジンガーZを見て「水に浴びても錆びないんですか?」と心配な様子。藤津は「超合金Zという特殊な金属なので大丈夫です」と設定を解説。実はプールではなく浄水所に隠しているという設定でスタッフは描いていたことなど、多彩なトリビアが披露された。
続いては必殺技の上映に移った。ロケットパンチ、光子力ビーム、ルストハリケーン、ブレストファイヤーなど武装の多さもマジンガーの見所である。キャラクターのシーンでは、ヒロイン・弓さやかが操縦するアフロダイAの必殺技・おっぱいミサイルにキャスト二人は興味津々。森久保は「発射したら戻ってくるんですか?」と質問すると、藤津は「ミサイルだから戻って来ないです」と返答。それに驚いた茅野は「女性にとって大切なものなのに……」と漏らして会場の笑いを誘った。

そして最新作『劇場版 マジンガーZ』PVの初上映された後、兜甲児役に森久保祥太郎、弓さやか役に茅野愛衣の起用が発表されると、会場から大きな拍手が巻き起こった。森久保は「皆さんも薄々は感じていたでしょうが……」とファンを笑わせつつも、「幅広い方に愛されている作品なので、今までの自分の声優キャリアを賭けて演じたいと思っています」と力強く語った。茅野も第1話から作品を見始めたことを明かし、「さやかさんとして健気な姿を演じたい」と意気込みを見せる。
さらに永井豪からのメッセージも上映され、「兜甲児は永遠の若者代表、弓さやかもヒロイン代表。楽しみに待ています」と二人にエールを送った。フォトセッションにはマニュライフ生命のCMでもおなじみのマジンガー課長も登壇し、ステージのフィナーレを彩った。

『劇場版 マジンガーZ』(仮題)

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2016年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア: 2016年3月25日(土)~3月26日(日)
場所:東京ビッグサイト

(c)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集