「劇場版マジンガーZ」世界公開へ 兜甲児を森久保祥太郎、弓さやかを茅野愛衣が演じる | アニメ!アニメ!

「劇場版マジンガーZ」世界公開へ 兜甲児を森久保祥太郎、弓さやかを茅野愛衣が演じる

ニュース

先日新ビジュアルも公開となり、注目を集めている『劇場版マジンガーZ』(仮題)だが、本日開催されたAnime Japan 2017にて、さらなる新情報が発表された。まず超特報映像が公開され、声優・メインスタッフも発表。そして原作者・永井豪のビデオメッセージにて、公開が世界規模であることが明らかになった。

会場で先行公開された映像では、“ロボットアニメの原点にして頂点”“それは、神にも悪魔にもなれる――”というキャッチコピーとともに、重厚感あふれるマジンガーZのボディを舐めるようなカメラワークで映し出した。メタリックなエフェクトを施された足、拳、そしてブレストファイヤーを放つ胸パーツ、操縦席であるパイルダー、そしてわずかではあるが顔もお披露目となり、本編の完成に期待が高まる映像となっている。

そして今回イベント立会人として登壇した森久保祥太郎が主役の兜甲児を、茅野愛衣がヒロインである弓さやかを演じることが発表となった。また、監督に「ONE PIECE」や「プリキュア」シリーズといった東映アニメの劇場版などを手がけてきた志水淳児、脚本に「東京トイボックス」の小沢高広(うめ)、メカニックデザインには「攻殻機動隊Arise」、「ガンダム00」などの柳瀬敬之がそれぞれ就任。そしてキャラクターデザインはアニメーターとしても幅広く活躍する飯島弘也、美術は「ガンダム」シリーズや「エウレカセブンAO」などを手がけたGREENが担当するなど、実力派メインスタッフがそろった。

そして原作者・永井豪自身はビデオメッセージで、自身の漫画家デビュー50周年、マジンガーZ誕生から45年を経て、再び作品を送り出せることへの喜びを語った。また、作品を支持してくれた世界中のファンへ向け、世界公開であること、さらに日本に先駆けての世界先行公開であることを発表した。公開地域については随時発表される予定だという。

45年の月日を経て、「くろがねの城」がどのようによみがえるのか、ますます注目が集まりそうだ。



『劇場版マジンガーZ』(仮題)
(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集