「遊☆戯☆王ARC-V」最終話直前 小野賢章、細谷佳正のコメント到着 | アニメ!アニメ!

「遊☆戯☆王ARC-V」最終話直前 小野賢章、細谷佳正のコメント到着

ニュース

テレビアニメの『遊☆戯☆王』シリーズの5作品目となる『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』。2014年4月6日から放送されている2年に渡って放送されている本作だが、2017年3月26日で最終回を迎える。今回、この最終回のアフレコを終えた榊遊矢役の小野賢章と、赤馬零児役の細谷佳正からコメントが届いた。

本作はパラレルワールドを題材にしており、過去の『遊☆戯☆王』シリーズ作品の設定や登場人物が違う役割で登場するスター・システムが用いられており、ファンは思わずにやりとする展開もある。さまざまな次元で行われるデュエルが人気を博している。
最終回は零児の「超死偉王(ちょうしいおう)」の前になすすべもない遊矢だが、ユート、ユーゴ、ユー リの後押しを受け、全身全霊で零児に立ち向かう。見守る人々、フィールドに立つモンスターたち、そして対戦相手の零児をも巻き込む。ラストデュエルの行方に注目が集まっている。

榊遊矢役の小野賢章は本作の終了に「一言一言セリフを言う度に、「終わってしまう!」と思ってしまい、さびしくなっていました...(笑)」と万感の思いを抱いているようだ。しかし、「最後らしくエンタメデュエルが思いっきりできたので、とても楽しかったです!」とも語っており、やり切った気持ちも語っている。「3 年間本当にありがとうございました!遊矢とともに成長できた 3 年間でした。子供のころから 憧れてきた作品に参加できたことは、僕にとって一生の宝物です」と語って結んでいる。
赤馬零児役の細谷佳正も「そっか…来週からはもうアフレコがないのか…と、未だに実感が湧きません」と小野と同じく寂寥感を感じさせるコメントを寄せている。「何というか、とりあえず最終回を無事録り終えたので、後は視聴者の皆様にこの作品が どう届くのだろうか、という事をぼんやりと思いました」と語っている。「観客が居てこそのパフォーマンス、エンタメなので… 皆様のお力添えで、この作品をエンタメにして頂けました。本当にありがとうございました」と結んでいる。

キャストたちがすべてを出し切って演じた最終回。果たしてどのようなものになっているか、3月26日の放送が見逃せないところだ。

(C) 高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」から千年パズルと黄金櫃が発売 画像 「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」から千年パズルと黄金櫃が発売
  • 「遊☆戯☆王VRAINS」2017年5月より放送 新キャラの設定画を公開 画像 「遊☆戯☆王VRAINS」2017年5月より放送 新キャラの設定画を公開
  • 『遊☆戯☆王』第6作目は「VRAINS」に決定 ビジュアルや設定を公開 画像 『遊☆戯☆王』第6作目は「VRAINS」に決定 ビジュアルや設定を公開

特集