「旅と鉄道」で聖地巡礼特集 「君の名は。」や「この世界の片隅に」の鉄道シーン収録 | アニメ!アニメ!

「旅と鉄道」で聖地巡礼特集 「君の名は。」や「この世界の片隅に」の鉄道シーン収録

ニュース

インプレスグループで鉄道関連の出版事業を展開する天夢人は、3月21日に隔月誌「旅と鉄道」の2017年5月号を発刊した。同号では2016年の「新語・流行語大賞」においてベストテンにランクインした、「聖地巡礼」の鉄道×アニメ版を大特集している。

巻頭のグラフページでは、空前の大ヒットアニメとなった『君の名は。』の作中に描かれた鉄道シーンを一挙公開。東京暮らしの男子高校生である主人公・瀧と田舎暮らしの女子高校生であるヒロイン・三葉、それぞれの生活の違いを表現するために描かれた都心の駅や単線のローカル線など、美しい鉄道シーンの数々を誌上で楽しむことができる。
また同じ新海誠監督による作品として、『秒速5センチメートル』や『雲の向こう、約束の場所』などの鉄道シーンについても触れている。

巻頭ルポでは、戦前から戦後にかけての広島・呉を舞台にした『この世界の片隅に』に描かれた、広島市電・呉線・呉市電の世界をめぐる旅を送る。スチールカットをふんだんに盛り込むことで映画の世界観を誌上でも再現しており、アニメに描かれた舞台と今、そして戦時中の様子を振り返ることができる構成だ。
旅人は小学館の漫画編集者として『東京大学物語』や『鉄子の旅』を担当していた江上英樹氏である。江上氏は漫画編集者としての経験、そして映画に描かれたすずさんのシーンと現実を交錯させる旅を、独自の視点でまとめ上げている。
さらに同作の片渕須直監督が過去に手掛けた『マイマイ新子と千年の魔法』についても、山口・防府の舞台めぐりを紹介している。

誌面ではそのほか町おこしにひと役買ったアニメの旅や、鉄道シーンが印象的なアニメ、ラッピング列車についても特集。「西武鉄道×『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』×秩父」ほか「鹿島臨海鉄道×『ガールズ&パンツァー』×大洗」、「京阪電鉄×『響け!ユーフォニアム』×宇治」などの話題作を取り上げている。

「旅と鉄道」2017年5月号は定価1000円。2017年の注目アニメとして『ひるね姫』や『打ち上げ花火、下から見るか?上から見るか?』、『夜は短し歩けよ乙女』、『有頂天家族2』などについても鉄道シーンとともに紹介しており、「聖地巡礼」に備えたガイドブックとしても視線を集めそうだ。

「旅と鉄道」2017年5月号
発売日: 2017年3月21日
価格: 1000円(税込)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「南鎌倉高校女子自転車部」聖地巡礼謎解きツアーを開催 ナゾトキアドベンチャーとコラボ 画像 「南鎌倉高校女子自転車部」聖地巡礼謎解きツアーを開催 ナゾトキアドベンチャーとコラボ
  • 「ユーリ!!! on ICE」佐賀県の地方創生プロジェクト始動 聖地巡礼マップ、限定グッズも登場 画像 「ユーリ!!! on ICE」佐賀県の地方創生プロジェクト始動 聖地巡礼マップ、限定グッズも登場

特集