「ラプンツェル あたらしい冒険」5月に日本初放送 中川翔子が歌唱シーンも吹き替え | アニメ!アニメ!

「ラプンツェル あたらしい冒険」5月に日本初放送 中川翔子が歌唱シーンも吹き替え

ニュース

映画『塔の上のラプンツェル』の半年後を描いたTVシリーズの序章『ラプンツェル あたらしい冒険』の日本初放送が決定した。BSテレビ局・Dlifeで、5月にオンエアされる。ラプンツェル役には中川翔子が続投。歌唱含むすべてを吹き替える。

『ラプンツェル あたらしい冒険』は、2011年公開の映画『塔の上のラプンツェル』の続編となるTVアニメ『ラプンツェル ザ・シリーズ』の序章である。両親の元に戻って幸せな生活を取り戻した主人公・ラプンツェルを描いている。
ラプンツェルは家族やユージーンの愛に包まれた生活を送るものの、プリンセスとしての慣れない暮らしやしきたりを窮屈に感じはじめていく。自分のさらなる可能性を信じ、外の世界をもっと知りたいと熱望する彼女は、新たな一歩を踏み出す。

楽曲は『美女と野獣』『アラジン』など、数々のディズニー作品を手がけたアラン・メンケンが担当。新曲3曲を含めて、すべての音楽を務める。ラプンツェル役は映画に引き続き、タレントの中川翔子が起用された。今回は歌唱シーンの吹き替えも務めており、その歌声も注目を集めそうだ。
最新作への起用について中川は「映画から6年、またラプンツェルの声を演じることができて嬉しいです。ラプンツェルは好奇心の固まりで、一歩踏み出す勇気や、冒険に向かっていく勇敢な姿、周りの人を元気にしたりと私の憧れのプリンセスです」とコメント。「テレビシリーズでは、見たいと思っていたラプンツェルの姿がたくさん見られる作品になっています。今回、歌も担当させていただくのですが、楽曲も素晴らしく、歌詞も心に刺さる内容で本当に素晴らしい内容になっています。ラプンツェルにこのような形でまた出会えることができて、またラプンツェルをたくさんの方に見ていただけることを楽しみにしています」とメッセージを寄せた。

「ラプンツェル あたらしい冒険」
5月よりDlifeにて日本初放送

(c)Disney
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集