「血界戦線」Blu-ray BOX描き下ろしイラスト公開 小山力也・宮本充のコメントも | アニメ!アニメ!

「血界戦線」Blu-ray BOX描き下ろしイラスト公開 小山力也・宮本充のコメントも

ニュース

2015年4月よりTVアニメ放送された『血界戦線』のBlu-ray BOXが、2017年6月21日(水)に発売されることが決定した。描き下ろしイラストが公開され、2017年に放送開始となる新シリーズ『血界戦線 & BEYOND』に向け、小山力也と宮本充よりオフィシャルコメントが到着した。

『血界戦線』は、『トライガン』などで知られる内藤泰弘のダイナミックなバトルアクションコミックが原作。TVアニメ前シリーズ全12話を収録したBlu-ray BOXの発売に先がけ、この度、内藤描き下ろし三方背アウターケースと、キャラクターデザイン・総作画監督の川元利浩描き下ろしデジパックのイラストが公開された。内藤先生の描き下ろしイラストは、話題となったエンディングをイメージしたもので、ライブラメンバーが個性的なダンスを楽しむ姿が描かれている。また、川元描き下ろしイラストは、『血界戦線』の撮影に向かうキャラクターたちの姿をバラエティ感たっぷりに描いた見応えのあるものとなっている。両イラストともに、キャラクターの魅力が際立つスペシャルなイラストだ。

また、メインキャラクターを演じるクラウス・V・ラインヘルツ役・小山力也と、スティーブン・A・スターフェイズ役・宮本充がネクスト・シリーズへの意気込みや、自身の演じるキャラクターの魅力などへのコメントが届けられた。
TVアニメ ネクスト・シリーズ制作についての感想や意気込みについて、小山は「作品の設定や、キャラクターの関係性などが奥深く、果てしなく想像が膨らんでいくのがこの作品の魅力だと思います。ネクスト・シリーズは、原作に忠実に、さらに物語を広げていき、キャラクターを一人一人、丁寧に掘り下げていくような展開になると伺っていますので、どんな風に映像化されるのか期待しています。」、宮本は「『血界戦線』は、とても大好きな作品ですので、ネクスト・シリーズが始まると聞いた時は嬉しかったです。原作を読んで、演じてみたいと思う魅力的なエピソードがまだまだたくさんあるので、どんなストーリーがアニメになるのか楽しみにしています。」
自身の演じるキャラクターの魅力、チャームポイントについて、小山は「クラウスの魅力は“ギャップ”です。あの身体と、あの目と、あの牙、そしてマインドとのギャップですね。」、宮本は「スティーブンの魅力は“哀愁を帯びた目”です。それにプラスあの傷ですね(笑)。」
『血界戦線 & BEYOND』を待つファンへのメッセージとして、小山は「改めてこの役を演じる機会を頂き、有り難いご縁だなと思っています。キャスト同士の掛け合いが楽しみなアフレコ現場なので、想いを込めて大事に演じたいですし、皆さんの大きな期待にも応えたいので、楽しみにしていてください!」、宮本は「スタッフの皆さんや、キャスト全員の頑張りがあったので、前作が好評で、良い作品が生まれたのだと思います。自分自身、収録が楽しみで仕方がないと思っています。ぜひ、『血界戦線 & BEYOND』にご期待ください。」と語った。

さらに、TVアニメ『血界戦線』でお馴染みのWEBラジオ【なぐラジ】が、『血界戦線 & BEYOND』で復活することが決定。パーソナリティはもちろん、クラウス役・小山とレオナルド役・阪口大助、そしてアシスタントはソニック役・内田雄馬が担当する。配信に先駆けて、番組ではメール募集を開始している。

TVアニメ『血界戦線』Blu-ray BOX
発売日:2017年6月21日(水)
価格:¥29,800+税 品番:TBR27179D
全12話収録/本編約310 分+映像特典
本編Disc6枚+特典CD1枚/1層(BD25G)/1080p High Definition/日本語 リニア PCM 2.0ch ステレオ/16:9ワイドスクリーン
●内藤泰弘描き下ろし三方背アウターケース
●キャラクターデザイン・総作画監督:川元利浩描き下ろしデジパック
●豪華7枚組ディスク
※特典内容・商品仕様は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。

発売・販売元:東宝

(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
(C)2017 内藤泰弘/集英社・血界戦線 & BEYOND製作委員会
《雅や》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集