「コナンカフェ」子どもになる毒薬 APTX4869がスイーツに 全国10都市で限定オープン | アニメ!アニメ!

「コナンカフェ」子どもになる毒薬 APTX4869がスイーツに 全国10都市で限定オープン

ニュース

『名探偵コナン』をテーマにしたカフェの期間限定オープンが決定した。全国10都市にて3月30日から5月31日までの限定営業となる。

「名探偵コナンカフェ」は東京(原宿/表参道)・京都・大阪・名古屋・広島・北海道・埼玉・福岡・山形・福井の全10都市11会場にて期間限定オープンする。注目のオリジナルメニューは、工藤新一が飲まされた毒薬・APTX4869(アポトキシン)そっくりのスイーツ「APTX4869ムース~白乾児ソース付き~」だ。白と赤のカプセルや識別コードまで再現しており、食べると子供になるのではないかと心配なほどの出来映えだ。
さらにコナンの探偵アイテムがちりばめられた「名探偵コナンバーガー」や、マジックのようにコットンキャンディーの帽子が溶ける「怪盗キッドのマジックソーダ~It's a showtime!~」など、ファンにはたまらないメニューが揃った。

店舗ではトートバッグや巾着などオリジナルグッズも販売される。グッズを3500円(税抜)以上購入した人にはカフェ限定のショップ袋がプレゼントされる。そのほか複数のキャンペーンも開催予定。5月1日から5月7日まで実施の工藤新一バースデー企画をはじめ、『名探偵コナン』公式アプリと連動した謎解き企画、小学生以下対象のプレゼント企画、アニメ声優によるカフェ限定店内放送などを予定している。
「名探偵コナンカフェ」は予約制となっており、2月22日から2月26日までは先行予約、2月27日からは一般予約を受け付ける。先行予約者には原作イラストコースター、先行・一般予約者には限定ステッカーがプレゼントされる。WEB予約料は500円(税抜)だ。店舗によって開催期間などが異なるため、詳細は公式サイトを確認してほしい。

「名探偵コナンカフェ」
開催期間:2017年3月30日(木)~5月31日(水)

(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集