「徒然チルドレン」2017年夏アニメ化 多彩なカップリングを描く学園ラブコメディ | アニメ!アニメ!

「徒然チルドレン」2017年夏アニメ化 多彩なカップリングを描く学園ラブコメディ

ニュース

漫画家の若林稔弥がWEBサイトで掲載し、のちに「別冊少年マガジン」そして「週刊少年マガジン」に連載されている『徒然チルドレン』。本作が2017年夏にテレビアニメ化されることが決定した。
さまざまなカップルが繰り広げる不器用ながらも、人をキュンキュンさせる恋愛模様が人気を博している本作。個性的なカップリングの恋愛がテレビアニメではどのように展開していくのか、早くも注目が集まっている。

『徒然チルドレン』は『恋するみちるお嬢様』などの原作者である若林稔弥が描く恋愛漫画だ。登場人物はすべて主人公扱いであり、もどかしくて恥ずかしくて照れくさい思いがたっぷり詰まった、WEBで大人気の学園ラブコメディ4コマで、のちに「週刊少年マガジン」で連載されるようになり、瞬く間に人気作品となった。
幼馴染の2人、生徒会長とヤンキー、先輩と後輩などさまざまなカップルが巻き起こす恋愛模様にドキドキ、ニヤニヤ、キュンキ ュンし、そしてどこかで共感を呼ぶ作品となっている。

監督は『聖痕のクェイサー』や『VALKYRIE DRIVE -MERMAID-』を手がけた金子ひらく。女性キャラクターの存在感にこだわる金子がカップルたちをどう描くか気になるところだ。そしてシリーズ構成を務めるのは『MASTERキートン』から『僕は友達が少ない』や『六花の勇者』など幅広い作品に参加するベテランである浦畑達彦。そして『ユリ熊嵐』のキャラクターデザイン、『3月のライオン』の作画監督も担当する実力派、住本悦子がキャラクターデザインを担当する。アニメーション制作を『結城友奈は勇者である』や『きんいろモザイク』などを手がけたStudio五組が担当。本作のためにベテランから実力派までさまざまな豪華スタッフが集結した形となっている。

「恋愛&ギャグ&青春群像劇」をうたった本作。誰もがどこかで共感できる本作がアニメでどのように描かれるか期待が募るところだ。

(C) 若林稔弥・講談社/徒然チルドレン製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集