花江夏樹と梅原裕一郎のコメントも公開「恋するシロクマ」映画館の幕間上映決定 | アニメ!アニメ!

花江夏樹と梅原裕一郎のコメントも公開「恋するシロクマ」映画館の幕間上映決定

ニュース

アニメ『恋するシロクマ』の最新情報が発表された。まず3月4日から映画館の予告編前に上映されることが分かった。さらに主演の花江夏樹と梅原裕一郎のコメントや、主題歌アーティスト・シナリオアートの書き下ろし楽曲も明らかになった。

本作は「月刊コミックジーン」にて連載中のマンガが原作だ。このたび、本作が映画館の本編前に流される幕間上映作品であることが判明した。3月4日より全国約50館にて順次上映される。キービジュアルにはアザラシを追いかけているシロクマの姿が描かれており、弱肉強食の世界で紡がれる恋愛模様に期待が膨らむ1枚である。
それに先駆けて、1月31日には初めてのアフレコを実施した。アザラシ役の花江夏樹とシロクマ役の梅原裕一郎は普段からも交流があり、作品同様に穏やかなアフレコとなった。
本作の魅力について花江は「基本は肩の力を抜いてまったりと見れる作品だと思います。所々に野生の厳しさや関係性などが見えてほろっとしてしまったり。楽しんで頂けると思いますので、お楽しみに!」とコメントを発表した。梅原も「原作ファンの方も、初めて『恋するシロクマ』に触れる方も、アザラシくんとシロクマさんの心温まる、少しシュールな空気を楽しんで頂ければ幸いです」とメッセージを送った。

主題歌アーティストはツインボーカル3ピースバンドのナリオアートに決定。本作のために書き下ろした楽曲は、栃木県にある本物の洞窟の中で氷点下の寒さに耐えながら録音したという驚きの一曲となっている。
シナリオアートは今回の楽曲について「“オスのシロクマがオスのアザラシに恋をする?!” なんともシュールでクスりと笑えるお話ですが、普遍的な愛のテーマに感化され、大マジメで壮大な曲を生み出してしまいました。この素敵な作品を彩られたらと思います。(栃木県にある)本物の洞窟の中で、氷点下の寒さに震えながらボーカルを録音したので、ストーリーにある氷上の世界観にぴったりな曲になったと思います。どうぞお楽しみあれ」と意気込みを語っている。

『恋するシロクマ』
2017年3月4日)より、全国の映画館約50館の予告編前に順次上映

[キャストコメント]
花江夏樹
・アフレコを終えて
「短い映像の中でシロクマとアザラシのほっこりするやり取りがぎゅっと詰まっていました。アザラシの可愛さをどう表現しようか色々と悩みましたが先生や監督に細かく指導して頂いたので、早く完成した映像を観るのが楽しみです!」

・アフレコ現場の雰囲気
「スタッフさん達を含め、恋するシロクマのような優しい雰囲気の現場でした。その雰囲気のおかげでしっかりアフレコができました」

・共演したお互いの印象
「梅原くんは寡黙なので昔は僕から話しかける事が多かったのですが、割と話しかけてくれるようになって嬉しかったです。やはり彼は良い人ですね。シロクマのように僕を包み込んでくれました」

・キャラクターを演じてみて
「アザラシは常に震えていてかなり小さい子なので、僕も常に震えながら演じました。本当に可愛いですね。彼らには末永く幸せに暮らして欲しいです」

梅原裕一郎
・アフレコを終えて
「初めて動物役を演じさせて頂き、初めはキャラクター作りに苦戦もしましたが、楽しく収録できました」

・アフレコ現場の雰囲気
「温かな作品なので、アフレコ現場も少人数でしたが穏やかな雰囲気でした。ミキサー室からアザラシくんのぬいぐるみが顔をのぞかせていたのを覚えています」

・共演したお互いの印象
「共演経験もありますし、普段も交流もありますが、また新たな面を見た気がしました」

・キャラクターを演じてみて
「初めての動物役で、どう演じるべきか悩みましたが、原作の先生やディレクターさんとのディスカッションで作っていきました。ドラマCDではシロクマさんの幼少期や、カップルの男性も演じさせて頂き楽しかったです」

(c)ころも・KADOKAWA/恋する製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集