「Dance with Devils」コンサートで劇場版を発表 キャストとファンが喜びを分かち合う | アニメ!アニメ!

「Dance with Devils」コンサートで劇場版を発表 キャストとファンが喜びを分かち合う

ニュース

1月29日、神奈川県民ホールにて『Dance with Devils』のコンサートイベント“Dance with Devils スペシャルコンサート「ダブルカーテン・コール」”が開催された。

『Dance with Devils』にとって4回目のキャストイベントとなった今回は、斉藤壮馬、羽多野渉、近藤隆、木村昴、平川大輔、鈴木裕斗の6人が出演。
まずは斉藤、羽多野、近藤、木村、平川の5人が、イベントでは定番となったアニメのエンディングテーマ「マドモ★アゼル」とともに登場。楽曲の後半、鈴木演じるジェキも歌唱メンバーに加わり、本日限りで6人で歌うというサプライズ演出を見せた。

その後は鉤貫レム「我が名はレム・アーロンド」、楚神ウリエ「誘惑amor」、立華リンド「君だけの守護騎士(エクソシスト)」などのソロ曲が立て続けに披露。
ミュージカル『Dance with Devils』のオリジナル曲として書き下ろされたジェキ「Xデー」もアニメイベントに逆輸入という形で歌われ、会場はどよめきに似た歓声に包まれた。

イベントの後半では鉤貫レムvs立華リンド「KETTO~譲れない、せめぎ愛~」、南那城メィジvs棗坂シキ「×× in the dark」などのユニットソングが飛び出す。
最期はゲームエンディングテーマ「BL(U)CK BASIS」が歌われると、ここでも鈴木演じるジェキが加わり6人での歌唱となった。

アンコールでは、「Dance with Destinies」の歌とともに、これまでのダンデビの軌跡を振り返る映像が流れる。そして映像の最後には劇場版『Dancewith Devils-Fortuna-』の2017年劇場公開決定の情報が発表され、本日最大の歓声に包まれた。

映像が終了すると、キャストが再登場。「皆さんの応援のおかげでここまで来れました!」と、劇場化決定を客席と一緒に喜ぶ。さらに劇場版では誰がリツカを手に入れるのかというトークも繰り広げられ、イベントは最期まで盛り上がりを見せた。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集