「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」Blu-rayが特別価格で登場 ハリウッド実写映画化記念 | アニメ!アニメ!

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」Blu-rayが特別価格で登場 ハリウッド実写映画化記念

『攻殻機動隊』の映画第1作目として1995年に公開された『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を収録したBlu-rayが、特別価格で発売。発売日は4月7日、価格は4,800円(税別)を予定している。

ニュース
士郎正宗原作、テレビアニメや映画などあらゆる角度から映像化されてきた『攻殻機動隊』。
本シリーズの映画第1作目として1995年に公開された『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を収録したBlu-rayが、特別価格で発売。発売日は4月7日、価格は4,800円(税別)を予定している。

本作は超高度ネットワーク社会の中、高度・凶悪化していく犯罪に対抗するために結成された公安9課「攻殻機動隊」の活躍を描いた作品。
株価操作・情報操作・政治工作・テロなどで国際手配中の通称「人形使い」と、それを追う攻殻機動隊の物語が中心となる。
監督を務めるのは押井守、キャストには田中敦子、大塚明夫、山寺宏一といった後の作品でもおなじみとなるメンバーが名を連ねている。

今回発売されるBlu-rayは本編82分に加えて映像特典約35分を収録。映像特典は劇場特報 、劇場予告編、先行プロモーションを用意している。
これらの映像は以前発売されたパッケージにも収録されていたが、ほかにも押井守監督などメインスタッフによるメイキング映像、劇場公開告知CMやビデオ販売告知CM、VC・LD販売告知CMなどBD初収録の映像特典もある。いずれも当時を知る貴重な映像となっているだろう。

封入特典は特製ブックレット。過去に発売されたBlu-ray商品封入のものを一部再編集・構成した内容だ。
音声および字幕は日本語と英語を収録。さらにジャケットはキャラクターデザイン・作画監督を務めた沖浦啓之による劇場キービジュアルイラスト仕様である。

なお本商品は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がハリウッドでの実写映画化を記念して発売される。
スカーレット・ヨハンソン、ビートたけしらが出演する実写映画は、2017年4月にロードショーを迎える。劇場アニメとの違いを楽しむのも面白そうだ。

Blu-ray『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
発売日:4月7日(金)
価格:4,800円(税別)
販売元:バンダイビジュアル
(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集