映画「咲-Saki-」完成披露上映会を開催 浜辺美波らキャスト9人が集結 | アニメ!アニメ!

映画「咲-Saki-」完成披露上映会を開催 浜辺美波らキャスト9人が集結

ニュース

1月18日、実写映画『咲-Saki-』の完成披露上映会がTOHOシネマズ日本橋にて行われた。イベントには宮永咲役の浜辺美波をはじめ、原村和役の浅川梨奈、片岡優希役の廣田あいか、竹井久役の古畑星夏、染谷まこ役の山田杏奈と清澄高校麻雀部が登壇。サプライズゲストとしてライバル校のキャスト陣も集結した。

映画『咲-Saki-』の完成披露上映会はTOHOシネマズ日本橋で最大の座席数を誇るスクリーン7にて開催された。404席のチケットはわずか半日で完売となり、多くのファンが待ち望んでいたイベントとなった。ゲストは清澄高校麻雀部のメンバーに加えて、龍門渕高校から龍門渕透華役の永尾まりや、風越女子高校から久保貴子コーチ役の佐野ひなこ、鶴賀学園から加治木ゆみ役の岡本夏美と東横桃子役のあの、総勢9人が登壇した。
まずはドラマ初主演を務めた浜辺が「とても緊張しました! 座長という立場でもあったので。でも精一杯頑張ってこの日を迎えられたことは本当に嬉しいです! みんなのことがとても大好きになりました!」と元気いっぱいにコメント。古畑からは「浜辺ちゃんが凄くかわいくて仕方なかったです! でも浜辺ちゃんと一緒にご飯を食べる機会が何度かあったんですけど、毎回コーラを頼むんです! 100%オレンジジュースみたいな感じなのに(笑)」と意外な一面を暴露する一幕も飛び出した。
浅川は撮影時の裏話を披露。「夜の撮影では照明を使うからカメムシがたくさん出るんですよ! ある撮影で休憩から戻ったらすごい匂いがして、スタッフさんがカメムシふんじゃって! 二日間凄い匂いの中で撮影したのは印象に残っています!」と話し、会場の笑いを誘った。

イベントの後半には、さらなるサプライズゲストとして小沼雄一監督が登場。小沼監督は「これから始まる作品です。こんなに質の高いキャスティングは監督人生長いですが初めてだと思います。100%『咲-Saki-』ファンのために作りました! 宜しくお願いします!」と今後の展開に期待が膨らむメッセージを伝えた。
最後は浜辺が「こんなにたくさんの方々に来て頂いてありがとうございます! 皆さん是非SNSとかで拡散して頂いて、何度でも見て頂きたいです!」とファンに向けて感謝の言葉を送り、完成披露舞台挨拶を締めくくった。

映画『咲-Saki-』
2月3日よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー

(c)小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集