「ルパン三世 カリオストロの城」1月20日よりMX4D版期間限定上映 過去作では国内初の試み | アニメ!アニメ!

「ルパン三世 カリオストロの城」1月20日よりMX4D版期間限定上映 過去作では国内初の試み

ニュース

『ルパン三世』の劇場用長篇第2弾として公開され、現在に至るまで不動の人気を得ている『ルパン三世 カリオストロの城』が、1月20日(金)から期間限定で全国のTOHOシネマズほかMX4Dスクリーンにて特別上映される。

公開から年数を経た過去の名作映画のMX4D化は国内初のこと。映像は2014年に劇場公開されたデジタルリマスター版をベースに、最新の技術と丁寧な手作業によりフィルムの汚れなどを除去。もちろんMX4Dならではのシートポッパーやウォーターブラストなどの特殊効果が徹底的に施されている。
入場料金は従来のMX4D版(一般3,000円)よりも安価な2,200円均一。入場した人には特製ポストカードの配布も予定している。

上映に先駆けてクラリス役で知られる島本須美、アニメーターの友永和秀がMX4D版のダイジェストを体験。島本は「特にカーチェイスのシーンは臨場感があって、印象に残りました。口を開けて観ていたら、水しぶきが口の中に入ってしまいましたので、口を閉じてご覧下さい(笑)。」とコメント。
また友永は「特に時計塔のシーンは臨場感があって良かったです。大画面で観ればさらに臨場感が出るのでしょうね」と迫力のある体験を喜んだ。

原作:モンキー・パンチ (c)TMS
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集