「ブレードランナー 2049」新旧ブレードランナーの2ショット写真を初披露 | アニメ!アニメ!

「ブレードランナー 2049」新旧ブレードランナーの2ショット写真を初披露

ニュース

1982年公開のSF映画『ブレードランナー』の続編として、2017年11月に全国ロードショーとなる『ブレードランナー 2049』が、このたび新旧“ブレードランナー”の2ショット写真を初披露した。

『ブレードランナー 2049』では、オリジナルの舞台であった2019年から30年が経過した世界が描かれる。前作では人間と見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止するべく、ハリソン・フォード扮するリック・デッカードが捜査官“ブレードランナー”として活動していたが、今回はライアン・ゴズリングが主演として新人ブレードランナー“K”を務めることが判明した。本作では新たな危機が迫る2049年の世界において、“K”が30年間行方不明であったデッカードを探すところから物語がスタートするという。

今回お披露目となった2ショット写真では、フォードとともに堂々と肩を並べているゴズリング。しかし「ハリソン・フォードは自分のヒーローだ」と公言するほどの大ファンだけに、初めて彼を目の当たりにした時は相当緊張したという。その撮影時についてゴズリングは「ちょうどセットが独特の雰囲気の霧に包まれていた時に、どこからともなくハリソンが現れたんだ。シルエットだけでも間違えようがなかったよ」と振り返っている。

このほか本作で監督を務めるドゥニ・ヴィルヌーヴは、撮影期間中にフォード、そして製作総指揮を担うリドリー・スコットの2名と食事に出かけた際に「デッカードがレプリカントであるべきか、人間であるべきか」という論争が起こったことを明かし、さらに「ハリソンとリドリーから集中攻撃を受けたんだ。オリジナルの大ファンとしては、この夕食の席は一生の思い出になったよ(笑)」という興味深いやり取りが繰り広げられたことを告白した。
この答えが『2049』内で明かされるのかどうかについては、フォードが「これについては自分自身を喜んで検閲するよ。オリジナル版を撮影していた時から興味深い問題だったし、その時にその答えは得られていないからね。ただ【『2049』は十分に入場料に値する】という事は言えるよ(笑)」という意味深なコメントを出している。

まだまだ詳細はベールに包まれたままだが、オリジナルを彷彿とさせ、かつそれ以上の新しい世界観を見せてくれそうな『ブレードランナー 2049』。前作のファンならずとも、無限の可能性を感じずにはいられない新チャプターといえそうだ。

『ブレードランナー 2049』
公開: 2017年11月 全国ロードショー
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集