2016年最後を締めくくる今週注目の映画: 「甲鉄城のカバネリ 総集編 前編」 | アニメ!アニメ!

2016年最後を締めくくる今週注目の映画: 「甲鉄城のカバネリ 総集編 前編」

ニュース

2016年最後を締めくくる今週注目の映画: 「甲鉄城のカバネリ 総集編 前編」
  • 2016年最後を締めくくる今週注目の映画: 「甲鉄城のカバネリ 総集編 前編」
2016年12月最終週と大晦日を締めくくるのは、荒木哲郎監督のTVシリーズを前後編でまとめた『甲鉄城のカバネリ 総集編 前編』だ。

本作は、蒸気機関機関が発達した日本という和風スチームパンクに、不死の怪物のカバネと呼ばれるゾンビ的な存在を加えた独特な世界観を持っている。TVシリーズのあらすじは、カバネを倒すための武器「ツラヌキ筒」などを逞生と共に密かに開発していた少年の生駒が、顕金駅がカバネに襲われた事を切っ掛けに住民共々巨大な列車の甲鉄城に乗り込み旅を続けるというもの。この総集編は、2016年4月からノミタイナ枠で放送された12話のテレビシリーズを前後編で纏めた作品で、音響面も見直されており5.1chサラウンドで構成される。なお12月中旬には、本作の続編新作が2018年での完成を目指し発表された。

生駒役を畠中祐が、無名役を千本木彩花が、菖蒲役を内田真礼が、来栖役を増田俊樹が、逞生役を梶裕貴が、鰍役を沖佳苗が、侑那役を伊瀬茉莉也が、巣刈役を逢坂良太が、吉備土役を佐藤健輔が、美馬役を宮野真守が演じる。
監督に荒木哲郎氏が、シリーズ構成と脚本を大河内一楼氏が、キャラクター原案を美樹本晴彦氏が、アニメーションキャラクターデザインと総作画監督を江原康之氏が、音楽を澤野弘之氏が、アニメーション制作をWIT STUDIOが担当する。

2週間限定の上映となる『甲鉄城のカバネリ 総集編 前編』は、12月31日に全国30以上の劇場で公開予定。なお『後編』は、2017年1月7日より公開となる。

《G.Suzuki》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事