アニメでも大活躍!織田信長が登場するアニメまとめ一覧 | アニメ!アニメ!

アニメでも大活躍!織田信長が登場するアニメまとめ一覧

ニュース

近年の歴史ブームと相まって、戦国をテーマにした数多くのアニメが制作されてきました。今回「アニメ!アニメ!」では戦国を代表する織田信長をピックアップ。誰でも知っている信長が、アニメでどう描かれてきたのかを取り上げました。歴史に忠実な正統派から、性別まで変わってしまったユニークなものまで、選り取り見取りの信長たちをお楽しみ下さい!

■『信長協奏曲』(2014年7月~10月)
CV:宮野真守

高校生のサブローが戦国時代にタイムスリップした先で出会ったのは、史実とはまるで正反対の病弱な織田信長だった! 見た目がそっくりなため身代わりを頼まれたサブローは、信長として天下統一を目指すことに……。

フジテレビ開局55周年プロジェクトの一環として制作されたアニメシリーズ。フジテレビのCG事業部がロトスコープを用いて全10話を制作した。本作には二人の信長が登場。勉強が苦手なサブローは戦国時代にまったく詳しくないものの、不思議なカリスマ性を発揮して織田家を率いていく。一方、本物の信長は尾張家を離れて……。

■『ドリフターズ』(2016年10月~)
CV:内田直哉

関ヶ原の戦いで敗走した戦国武将・島津豊久はオルテと呼ばれる帝国が支配する異世界に迷い込んだ。漂流者(ドリフターズ)となった豊久は、同じように流れ着いた織田信長や那須与一と共に戦場を駆け巡る!

『HELLSING』の平野耕太が手がける歴史ファンタジーマンガが原作。主人公の島津豊久をはじめ、世界中の歴史上の偉人たちが夢の競演。どのキャラクターも史実とはかけ離れたアレンジが加えられている。信長は本能寺の変から逃れた直後のため中年で、右目には眼帯を着用。いち早く鉄砲を取り入れた戦略家としての面が描かれており、豊久の参謀役として活躍する。

■『信長の忍び』(2016年10月~)
CV:羽多野渉

伊賀忍者の少女・千鳥が、乱世のない日本を夢見る戦国武将・織田信長に仕えて天下布武を目指す。千鳥が心配で付いてきた助蔵、お猿さんそっくりなパシリ・秀吉、少し天然ボケの正妻・帰蝶など、愉快な仲間たちと騒動を巻き起こす。

「ヤングアニマル」連載の4コママンガをショートアニメ化。畳みかけるようなギャグの連鎖が心地良い。ギャグアニメだがストーリーは史実に沿っており、歴史ものとしても充実の出来映え。本作の織田信長はツッコミ役。甘党で下戸という設定も史実を元にしているものの、かなり強調されている。

■『戦国BASARA』(第1期・2009年4月~6月)
CV:若本規夫

時は戦国、群雄割拠の時代。尾張の織田信長は天下布武を掲げて他国を侵攻し、すべてを手中に収めようとしていた。そこに立ちはだかるのは奥州筆頭・伊達政宗、天覇絶槍・真田幸村など各地の強者たち。乱世を制するのは一体誰なのか?

カプコンの人気ゲームをアニメ化。暴走族のヘッドのような伊達政宗、異様に熱い性格の真田幸村と、戦国武将に大胆な翻訳を加えたことで話題となった。織田信長はダークサイドが前面に押し出されており、第六天魔王を自称する冷酷無慈悲な人物。配下の明智光秀も血に飢えた危ない性格。

■『ノブナガ・ザ・フール』(2014年1月~6月)
CV:宮野真守

東の星と西の星が宇宙船で行き来している世界。東の星の若武者オダ・ノブナガは、西の星から来た少女ジャンヌ・カグヤ・ダルクと、巨大鎧型機動兵器・大イクサヨロイに出会ったことで、運命を大きく変化させる……。

「マクロス」シリーズの河森正治が手がけたSFファンタジー。ノブナガは小国オワリの跡取りだが、自由奔放な性格のため「うつけ者」と呼ばれている。多次元プロジェクト「The Fool」として舞台も上演。アニメの声優陣がセリフを担当するなど、2次元と3次元を融合させた企画は注目を集めた。

■『義風堂々!! 兼続と慶次』(2013年7月~12月)
CV:山寺宏一

乱世を生き抜いて上杉家を支える家老・直江兼続と、天下御免の傾奇者として名を轟かせた前田慶次。終生の友となった二人が月夜の晩に杯を交わしながら、群雄割拠の時代を振り返る!

原作は原哲夫の人気マンガ『花の慶次』のスピンオフ作。直江兼続が上杉謙信の落胤だったらというIFが描かれており、未来の視点から過去を語る形式となっている。織田信長は過去を語り合う二人の前に幽霊となって登場。本能寺で自害したはずの彼は、今の国状に得心できず歴史の顛末を二人に尋ねる………。

■『織田信奈の野望』(2012年7月~9月)
CV:伊藤かな恵

ごく男子高校生・相良良晴はある日突然、戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで彼が出会ったのは尾張の風雲児である織田信長……ではなく、美少女の織田信奈だった!

春日みかげのライトノベルシリーズが原作。男だけでなく女も家督を継げるという世界観のため、織田信長や明智光秀、今川義元などの武将たちが女性キャラとしてアレンジされている。ヒロインの信奈は「うつけ姫」と呼ばれている姫大名。未来からきた良晴をサルと名付けてこき使うものの、仲間を思いやる乙女な一面も持つ。

■『戦国コレクション』(2012年4月~9月)
CV:大久保瑠美

我々の歴史とは全く異なる時間軸に位置する「戦国世界」。そこでは容姿も性別も違う戦国武将たちが群雄割拠の時代を築いていた。だが織田信長をはじめ多くの武将たちが現代に飛ばされてしまい……。

原作はモバゲーのソーシャルゲーム。アニメでは織田信長をメインに、徳川家康、上杉謙信、伊達政宗など多彩なキャラクターに焦点を当てている。本作の信長はプライドの高い性格ながら新しい物好きが功を奏し、コンビニを満喫したり、オートバイに乗ったりと現実世界を謳歌する。そんな日常を過ごしながらも元の世界に戻るため、他の武将たちが持つ秘宝集めに励む。

■『戦国乙女~桃色パラドックス~』(2011年4月~6月)
CV:豊口めぐみ

現代の女子中学生・日出佳乃(通称ヒデヨシ)は女性だらけの世界・戦国乙女へ飛ばされてしまう。そこで出会った女武将の織田ノブナガに異国人と勘違いされて、伝説の深紅の甲冑を集める手伝いをすることに……。

パチンコ「CR戦国乙女」を題材としたテレビアニメシリーズ。異世界のキャラクターはすべて女性で、織田ノブナガも女として描かれている。「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」を字で行く性格で、思ったことはストレートに言う。圏外になったノブナガの携帯を破壊しようとするなど大胆な行動も。

■『へうげもの』(2011年4月~12年1月)
CV:小山力也

織田信長が天下を手中に収めつつある戦国時代。だが彼に仕える武将・古田左介の心は茶の湯と物欲に支配されていた! 出世と欲望の間で葛藤する左介は争いの世をどう駆け抜けたのか?

原作は茶器や建築など美術にスポットを当てて戦国時代を描いた人気マンガ。文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど高い評価を得ている。織田信長は派手な南蛮を身につけ、両耳にピアスをしているほどのオシャレさん。派手な金細工が施された安土城を築いて「ここは天界か!」と左介を驚愕とさせる。

■『殿といっしょ』(2010年7月~9月放送/11年4月~6月)
CV:黒田崇矢

織田信長、上杉謙信、伊達政宗、武田信玄、長宗我部元親、前田慶次などなど。バラエティ豊かな戦国武将と、彼らに振り回される家臣たちの面白おかしい日常が今日もはじまる!

「コミックフラッパー」の4コママンガが原作。どの武将も史実を極端に戯画化したキャラクター付けがなされている。織田信長は比叡山延暦寺焼き討ちのイメージから放火魔として描かれており、家臣の髪の毛を燃やしてアフロする暴虐な人物。とりわけ明智光秀に対しては全裸で出陣させたり、お尻から火を出させたりと好き放題やっている。

■『時空の旅人』(1986年公開)
CV:横内正

未来からやってきた少年アギノ・ジロは、高校生の早坂哲子たちが乗ったバスをタイムマシンに改造して、一緒に過去の世界へ旅立ってしまう。ジロはタイムハンターから逃れて安土桃山時代に到着。そこで出会った織田信長の命運が未来を大きく変化させるのだった………。

眉村卓の小説「とらえられたスクールバス」を原作としたSFアニメ。キャラクターデザインは「ポーの一族」などで知られる少女マンガ家の萩尾望都が担当。織田信長はミライ国から来たと語る主人公たちを迎え入れ、未来の道具を興味深げに眺めるなど、新しい物好きの一面が描かれている。その一方で、意見具申した光秀の顔を鞭で打つなど気性の荒さも窺える。

■『ノブナガン』(2014年1月~3月)
CV:武藤志織

ごく普通の女子高生・小椋しおは修学旅行先で巨大怪獣・進化侵略体の襲来に巻き込まれてしまう。もはや絶体絶命のそのとき、彼女の中に眠っていたE遺伝子が覚醒! 織田信長の魂から生み出した巨大連発銃・ノブナガンで進化侵略体を蹴散らしていく。

「コミック アース・スター」にて連載していた偉人アクションが原作。超国家機関DOGOOの所属メンバーは、いずれも偉人の遺伝子を改良したE遺伝子の持ち主。小椋しおの場合は信長の力を宿しており、右腕を巨大な銃に変えてバトルを繰り広げていく。信長の旗印である永楽通宝が施されたノブナガンのデザインは必見。
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集