舞台「ノラガミ-神と絆-」ティザービジュアル公開 夜トと雪音を完全再現 | アニメ!アニメ!

舞台「ノラガミ-神と絆-」ティザービジュアル公開 夜トと雪音を完全再現

ニュース

舞台『ノラガミ-神と絆-』は2月16日から26日までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。このたび、夜トと雪音が対峙するティザービジュアルが公開された。キャストビジュアルも発表され、鈴木拡樹と植田圭輔が人気キャラクターを再現した。

『ノラガミ-神と絆-』のティザービジュアルには、夜ト役の鈴木拡樹と雪音役の植田圭輔が登場。貧乏でマイナーな神様である主人公・夜トと、神の道具である神器となった死霊の少年・雪音が相見える1枚となっている。キャストビジュアルでは二人がキャラクターを再現。髪型や服装などもアニメに忠実で、どのような物語が繰り広げられるのか想像が膨らむ仕上がりである。
前作に続いて夜トを演じる鈴木拡樹は、舞台『最遊記歌劇伝』玄奘三蔵役や舞台『刀剣乱舞』三日月宗近役をはじめ、人気作の主演を多数務めた実績を持つ。雪音を演じる植田圭輔も舞台「弱虫ペダル」シリーズの真波山岳役などで活躍中だ。追加キャストとして中村龍介、川隅美慎、NAO-G、丸目聖人の出演が決定している。

チケットは12月23日から一般販売申込がスタート。価格は前方座席のプレミアムシートが9800円、一般席が6800円(税込/全席指定)。チケットが無くなり次第、受付終了となる。
2月26日にはライブビューイングの開催が決定した。北は北海道から南は鹿児島まで全国の劇場にて上映される。AiiA 2.5 Theater Tokyoだけでなく映画館でも本作を堪能できる。こちらも12月23日から公式ホームページ先行抽選受付がスタート。価格は3800円(税込)となっている。

『ノラガミ』はあだちとかが「月刊少年マガジン」にて連載中のマンガが原作だ。2014年と15年にテレビアニメ化され、16年には舞台『舞台 ノラガミ-神と願い-』が上演された。

舞台『ノラガミ-神と絆-』
期間:2017年2月16日(木)~26日(日)全15公演
劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
(c)あだちとか・講談社/舞台「ノラガミ」製作委員会2017
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集