TVアニメ「クロックワーク・プラネット」2017年4月放送 南條愛乃らキャスト5人が公開 | アニメ!アニメ!

TVアニメ「クロックワーク・プラネット」2017年4月放送 南條愛乃らキャスト5人が公開

ニュース

講談社ラノベ文庫にて刊行中、榎宮祐と暇奈椿の合作によって書かれている小説『クロックワーク・プラネット』が、テレビアニメとなって2017年4月よりTBS/BS-TBSで放送される。

本作は落ちこぼれの高校生・見浦ナオトと、ナオトの家に墜落した自動人形の少女を中心に展開するアクション&ファンタジー作品。
原作小説は現在までに第4巻までが発売。「このライトノベルがすごい!」2014年版では新作部門3位にランクインするなど高い評価を得ており、日本国外でも翻訳版が発売され、人気を集めている。
またメディアミックスも盛んで月刊少年シリウスではコミカライズが行われている。アニメに関しても2015年12月に企画が進行中であることが明かされていたが、今回あらためて放送時期と詳細が発表された。

テレビアニメで監督を務めるのは長澤剛、シリーズ構成は杉原研二が担当する。そのほかキャラクターデザインに島村秀一、メカデザインに寺岡賢司といった名前が揃っている。アニメーション制作を担当するのは『宇宙戦艦ヤマト2199』などを制作し、2016年秋には『競女!!!!!!!!』も制作したXEBECだ。
メインキャストには見浦ナオト役として南條愛乃を起用。さらにリューズ役に加隈亜衣、マリー・ベル・ブレゲ役に大西沙織、ヴァイネイ・ハルター役を松田健一郎、アンクル役として千本木彩花も出演する。

今回公式サイトおよび公式Twitterがオープン。公式サイトでは今回発表されたスタッフ、キャスト一覧のほか、原作イラストを手がける茨乃によるキービジュアルも公開中だ。
キービジュアルにはリューズを中心に、ナオトやマリー・ベル・ブレゲ、ヴァイネイ・ハルターの姿が確認できる。今後は公式サイト、ツイッターを通して、さらなる情報の公開にも期待したい。

[スタッフ]
監督: 長澤剛
シリーズ構成: 杉原研二
キャラクターデザイン: 島村秀一
メカデザイン: 寺岡賢司
プロップデザイン: 原由知
世界観設定: 末武康光・枝松聖
美術デザイン: 久保田正宏
美術監督: 甲斐政俊
色彩設定: 水野多恵子
3DCG: 船越勇貴
撮影監督: 武原健二
編集: 松村正宏
音響監督: 本山哲
音楽: 兼松 衆、中村巴奈重、中野香梨、宝野聡史
アニメーション制作: XEBEC

[キャスト]
見浦ナオト: 南條愛乃
リューズ: 加隈亜衣
マリー・ベル・ブレゲ: 大西沙織
ヴァイネイ・ハルター: 松田健一郎
アンクル: 千本木彩花

『クロックワーク・プラネット』
(C)榎宮祐・暇奈椿・講談社/クロプラ製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集