「鬼灯の冷徹」新作OAD制作が決定 渋谷マルイでの原画展など新プロジェクト続々 | アニメ!アニメ!

「鬼灯の冷徹」新作OAD制作が決定 渋谷マルイでの原画展など新プロジェクト続々

ニュース

TVアニメの放送から約2年が経過した『鬼灯の冷徹』が新プロジェクトを始動し、その第1弾として新作OADを制作すると発表した。OADは2017年3月23日発売予定の、単行本24巻限定版に付属する。このほか東京の渋谷マルイにて、同作の原画展が開催されることも告知された。

江口夏実が講談社「モーニング」で連載中の『鬼灯の冷徹』は、シリーズ累計での発行部数が1,000万部を突破したコメディマンガだ。人手不足から混乱を極める地獄を舞台に、頼りない閻魔大王に代わりさまざまな問題の後始末をする傑物・鬼灯を中心とした、個性的な地獄の住人たちによる慌ただしくも楽しげな毎日が描かれる。

さらなる映像化を望む声に応えた新作OADでは、これまでのシリーズからの続投となる鏑木ひろが総監督を務めるほか、監督に『暁のヨナ』の米田和弘が、脚本にシリーズお馴染みの後藤みどりが名を連ねる。そして『ひぐらしのなく頃に』シリーズをはじめ、『昭和元禄落語心中』や『坂本ですが?』」でヒットを飛ばしてきたスタジオディーンがアニメーション制作を担当し、ふたたびアニメ『鬼灯の冷徹』の地獄の世界を彩っていく。OADが付属予定の単行本24巻限定版は限定生産品になるので、確実な入手には事前に予約しておいたほうが良さそうだ。予約申し込み締切は2017年2月6日となっている。
さらにアニメ『鬼灯の冷徹』公式サイトでは、このたびの“OAD制作決定”情報のほかに、第2弾や第3弾の企画があることもほのめかされている。引き続き、『鬼灯の冷徹』から目が離せなくなりそうだ。

そして東京の渋谷マルイでは、同作の「モーニング」連載5周年を記念した原画展の開催が決定した。11月23日より、生原稿だからこその豪華な地獄絵図が展開される。原画展では著者の江口によるサイン会が実施されるだけでなく、描き下ろしイラストを使用した限定オリジナルグッズの販売も予定されているので、OADとともにファン注目となりそうだ。

『鬼灯の冷徹』24巻限定版(OAD付き)
発売日: 2017年3月23日(木)
本体価格: 3,300円(税別)
予約申込締切: 2017年2月6日(月)

「鬼灯の冷徹 連載5周年記念原画展 in 渋谷マルイ」
開催期間: 2016年11月23日(水)~12月4日(日)
開催場所: 渋谷マルイ 8F イベントスペース
営業時間: 11:00~21:00 12月4日(日)は11:00~20:30
入場料: 700円(小学生未満は無料)

【江口夏実先生サイン会】
日時: 12月3日(土) 13:00~17:00
定員: 50名
参加方法: 詳細は後日告知

(C)江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹製作委員会 (C)江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹 OAD 製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集