「龍が如く 」実写ドラマ化決定 桐生一馬に憧れる3人の不良が主人公 | アニメ!アニメ!

「龍が如く 」実写ドラマ化決定 桐生一馬に憧れる3人の不良が主人公

ニュース

名越稔洋、葉山奨之/ドラマ「龍が如く 魂の詩。」製作発表イベント
  • 名越稔洋、葉山奨之/ドラマ「龍が如く 魂の詩。」製作発表イベント
  • 福山翔大、葉山奨之、矢本悠馬、手塚真生/ドラマ「龍が如く 魂の詩。」製作発表イベント
  • 福山翔大、葉山奨之、矢本悠馬、手塚真生/ドラマ「龍が如く 魂の詩。」製作発表イベント
オリジナルドラマ「龍が如く 魂の詩。」の制作発表イベントが11月20日(日)都内にて開催され、出演の葉山奨之、矢本悠馬、福山翔大、手塚真生、江口カン監督、名越稔洋シリーズ総合監督が登壇。同作の過酷な撮影状況を明かした。

「龍が如く」は累計800万本を超えるヒットを記録しているゲームシリーズ。同ドラマは、「龍が如く」の主人公・桐生一馬に憧れて尾道から「神室町」にやって来た自称「最強の3人組」の友情と成り上がりと破滅の物語。ゲオの動画配信チャンネル「ゲオチャンネル」にて11月30日から配信スタート。

イベントでは、名越さんと江口監督から、同作がオリジナルストーリーであることが紹介された。名越さんからは、同作が動画配信作品の特性を生かして、ケンカや乱闘シーンなどで大胆な表現に挑戦していることも指摘された。名越さんは「見応えのある本格的なものになっています」と自信満々の様子。

俳優陣の4人は、撮影の合間に登壇したという。

不良3人組の中の1人・岡達也を演じる葉山さんは、「アクションがすごいので毎日、筋肉痛になっています」、「30対1(のケンカ)とか、本当にゲームの世界にいる感覚で撮影しています」と明かした。ゲームをプレイするとケンカが強くなったように感じるそうで、ゲームの影響で「『俺、ちょっとケンカが強くなったのではないかな』と思いながらやっています」と軽快に語り、イベントを盛り上げた。

さらに、葉山さんは、「激しいと言いますか、グロいシーンもかなりあります」と告白。「毎回と言っていいほど、僕らは血のりを浴びています。なかなか血のりが落ちないのですよね。手などにずっと血のりが付いたまま撮影しています」と大胆な表現に挑戦している様子を言葉にした。

葉山さんは、「みんな一致団結してがんばっています。かっこいいだけではなくて、感動するし、泣けるし、笑えるし。色々な感覚を味わえる作品になっています。ぜひ、楽しみにしてもらえたら嬉しいです」とメッセージ。最後に「これから撮影に戻ります。がんばります!」と目を輝かせ、降壇していった。

オリジナルドラマ「龍が如く 魂の詩。」は、「ゲオチャンネル」にて11月30日(水)から配信スタート。

「龍が如く 」実写ドラマ化! 俳優・葉山奨之、過酷撮影にもやる気

《竹内みちまろ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事