「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2017年春第2シーズン始動 ライブイベント開催決定 | アニメ!アニメ!

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2017年春第2シーズン始動 ライブイベント開催決定

ニュース

(C)創通・サンライズ
  • (C)創通・サンライズ
  • (C)創通・サンライズ
2016年12月から有料配信された『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の第2シーズンの制作が決定した。第2シーズンは『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』の続編であり、2017年春より始動する。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』は、小学館の「ビッグコミックスペリオール」で連載している太田垣康男のマンガだ。『機動戦士ガンダム』の一年戦争を舞台に、「サンダーボルト宙域」での戦いを描いている。
アニメは2015年12月から2016年4月までに全4話が有料配信され、シリーズ初の4K作品となった。クオリティの高さから注目を集め、2016年6月にはディレクターズカット版『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』がイベント上映されている。

今回続編が決定し、メインスタッフとキャストからコメントも届いた。原作者の太田垣は「続編決定の報せを聞いたときは『やっぱりきたか!』と思いました。」と語り「実は内心期待していました」と心の内を吐露。「漫画はアニメスタッフへの挑戦状のつもりで描いていたので、アニメスタッフが呈示してくれるアンサーをまた観ることができるのが僕自身もとても楽しみです」と続編への期待をのぞかせた。引き続き監督を務める松尾衡は「続編決定の報せを聞いたときはボーナスをもらったような気持ちでした」と喜びを語り、「ファンの皆さんが買ってくれたから続きを作ることができました、ありがとうございます!」と感謝を述べている。
主人公のイオ・フレミング役である中村悠一は「僕自身が『ガンダム』シリーズのファンで、『サンダーボルト』の完成したフィルムを観たときすごく楽しく、満足させて頂いたので、この続きをいちファンとしてもとても期待しています」、もう一人の主人公であるダリル・ローレンツ役の木村良平は「きっと続きがやれるのではないかなと思ってはいましたが、まさかこんなに早くできるとは思っていなかったのでうれしい驚きでした」とコメントしている。

さらに今回、音楽を手がけた菊池成孔による「サンダーボルト」ライブイベントの開催が決定した。「MOBILE SUIT GUNDAM THUNDERBOLT Live OPERATION 01 “Rumble & Silence”」と題し、2017年1月20日にZepp Diver Cityで開催される。アニメの新作映像も初披露される予定であり、ファン必見のイベントとなりそうだ。

今回の発表に合わせ特報映像も公開、新たに登場するアトラスガンダムのティザーカットを見ることができる。12月22日には待望の『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』Blu-ray発売も控え、第2シーズンの始動までさらに盛り上がりそうだ。



(C)創通・サンライズ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集