「ダム・キーパー」新作長編映画に トンコハウスとフォックス・アニメーションが共同制作 | アニメ!アニメ!

「ダム・キーパー」新作長編映画に トンコハウスとフォックス・アニメーションが共同制作

ニュース

(C) 2015 Tonko House Inc. All Rights Reserved
  • (C) 2015 Tonko House Inc. All Rights Reserved
2015年に短編アニメーション部門でアカデミー賞にノミネートされた『ダム・キーパー』を元にした長編映画のの制作が発表された。本作ではトンコハウスと20世紀フォックス・アニメーションがタッグを組む。

監督として携わるのは、かつてピクサーのアート・ディレクターとして『トイ・ストーリー3』、『モンスターズ・ユニバーシティ』、『レミーのおいしいレストラン』といった作品を手掛け、トンコハウスの創立者でもあるロバート・コンドウと堤大介。
そしてジェーン・スターツ・プロダクションやブルースカイ・スタジオに所属した経歴を持つケーン・リーがプロデューサーに就く。

長編映画『ダム・キーパー』の舞台は、短編で描かれた世界の数年後に設定される。短編では関心の高かったストーリー展開が、いよいよ明らかになる。
短編は8000枚を超えるデジタル・ペインティングから構成されていたが、今回は台詞の入ったCG アニメーションとして生まれ変わる。

フォックス・アニメーションのヴァネッサ・モリソン社長は今回の発表について、「トンコハウスと共に事業を手がけることに期待を膨らませています。あの革新的な短編を長編映画に発展させるお手伝いができることを光栄に思います」とコメント。
さらにコンドウと堤も「『ダム・キーパー』の世界で長編映画のストーリーを考え始めた時から、ピッグとフォックスの次の一歩の手伝いをしてくれ、激動の今日の視聴者に向けてどのように作品を届けるための良きパートナーは誰だろうと思っていました」との共同声明を発表。
また共同声明の中では「今、20世紀フォックスこそが私たちのキャラクターたちにとって理想的なホームだと感じています。そして、共にリスクを負って新しいストーリーテリングの可能性を探っていけることを楽しみにしています」と意気込みも明かしている。

(C)2015 Tonko House Inc. All Rights Reserved
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集