「ホクサイと飯さえあれば」テレビドラマ化 主演は上白石萌音 | アニメ!アニメ!

「ホクサイと飯さえあれば」テレビドラマ化 主演は上白石萌音

ニュース

(c)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • (c)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 『ホクサイと飯さえあれば』原作イラスト
マンガ『ホクサイと飯さえあれば』のテレビドラマ化が決定した。2017年1月よりMBS/TBSのドラマイズム枠にて放送がスタートする。主演は映画『君の名は。』でヒロインを演じた上白石萌音が務め、食べるシーンが一切存在しない異色のグルメドラマに挑む。

『ホクサイと飯さえあれば』は鈴木小波が「ヤングマガジンサード」(講談社)にて連載中のマンガが原作。掲載誌の休刊によって惜しまれつつ終了した『ホクサイと飯』の8年前の物語である。大学進学のため上京した主人公・山田文子(ブン)が、アイディア満載の自炊ライフでご馳走を作る日々を描いている。
主演を務めるのは2014年に『舞妓はレディ』で映画初主演した上白石萌音だ。2016年には『ちはやふる-上の句/下の句-』に出演し、『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉役の声優を担当した新進気鋭の女優が、人見知りで妄想癖のあるブンを演じる。10月には歌手としてもメジャーデビューを果たした彼女がどのような演技を見せるのだろうか。

今回の起用について上白石は「こんなに愛らしくて、まっすぐな女の子を演じることができてとても幸せです。食べるシーンがないという、とても珍しい食ドラマなのですが、皆さんの心を温められるような、そしてお腹がグ~と鳴ってしまうような…ほかほか美味しいドラマをお届けできるように、ホクサイと一緒に頑張ります!」とメッセージを伝えた。
プロデュースの森谷雄は「『ちはやふる』の上白石さんの演技に魅了され、オファーしました。薬師丸ひろ子さんや斉藤由貴さんにも通ずる彼女の持つ唯一無二の清涼感。企画から2年でやっと出会えたブン役を任せられる女優さんです」と期待のコメントを寄せている。なお本放送に先駆けて『ホクサイと飯さえあれば-上京・新居飯計画編-』もオンエア予定だ。

テレビドラマ『ホクサイと飯さえあれば』
2017年1月よりMBS/TBSドラマイズム枠ほかにて放送

[放送情報]
MBS 2017年1月22日深夜0時50分~ (上京・新居飯計画編は1月15日放送)
TBS 2017年1月24日深夜1時28分~ (上京・新居飯計画編は1月17日放送)

[スタッフ]
原作: 鈴木小波「ホクサイと飯さえあれば」
主演: 上白石萌音
監督: 宝来忠昭、柴田啓佑
脚本: 土城温美
プロデュース: 森谷雄
企画・制作: アットムービー
(c)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集