「ファンタスティック・ビースト」ワールドプレミア開催 原作者のJ.K.ローリングが2作目の秘密もポロリ | アニメ!アニメ!

「ファンタスティック・ビースト」ワールドプレミア開催 原作者のJ.K.ローリングが2作目の秘密もポロリ

ニュース

「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日に全国公開を迎える。11月10日にはニューヨークでワールドプレミアが開催された。キャストはもちろん、ほとんど取材を受けないことで知られる原作者・J.K.ローリングも登壇し、ファンに向けて最新情報を明かした。

ワールドプレミアには主人公のニュート・スキャマンダーを演じるエディ・レッドメインら主要キャストに加えて、「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作を手がけたデイビッド・イェーツ監督が登壇。そしてシリーズの生みの親であり、本作の脚本を執筆したJ.K.ローリングも姿を見せた。
主演のレッドメインは、魔法動物の妖精ボウトラックルを胸ポケットに連れて登場。自身の役柄について「ニュートは魔法動物に夢中なんだ。魔法界における魔法動物の行動は、時々コントロールがきかないような状態になってしまったり、魔法使い達が理解できないような状態に突然なってしまったりする。でも彼は本当に心の優しい人物で、愛すべき人物で、動物達が大好きで、動物達は、誤解されているだけなんだと信じているんだ」と人間味あふれるキャラクターだと語った。

彼は21日からの来日について「早く行きたい! 日本にはハリー・ポッターのマジカルなファンがいっぱいいるから、『ファンタスティック・ビースト』も楽しんでもらえれると嬉しいな」とコメント。「今年、日本で3、4週間妻と2人で旅行したんだ。うどんや、お寿司を食べたんだ。大好きだから、また食べたいし、いろいろなところに行きたいよ」と興奮を隠しきない様子だった。
なお「ハリーポッター」シリーズでは日本にも魔法学校が存在すると語られている。新シリーズに日本が登場する可能性に期待が膨らむが、J.K.ローリングは「ニューヨーク以外にどこに行くかは言えないわ。今回のシリーズは世界を旅することがテーマだからね」と秘密とのこと。だが「2作目には中国のビーストが出る。ドラゴンじゃないけどね」と明かす一幕もあり、国際色豊かなシリーズを楽しめそうだ。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
11月23日全国ロードショー
配給: ワーナー・ブラザース映画
(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集