「無限の住人」福士蒼汰が初の悪役に挑戦 市原隼人、戸田恵梨香ら追加キャスト発表 | アニメ!アニメ!

「無限の住人」福士蒼汰が初の悪役に挑戦 市原隼人、戸田恵梨香ら追加キャスト発表

ニュース

実写映画『無限の住人』は2017年4月29日に全国公開を迎える。主人公・万次役には木村拓哉、ヒロイン・浅野凜役には杉咲花が起用され、大きな話題となった本作。このたび追加キャストとして、福士蒼汰ら豪華メンバーの起用が明らかになった。

福士蒼汰は剣客集団・逸刀流統主・天津影久役として、自身初の初の悪役を担当する。刀を使った本格的な立ち回りも初めてだったものの、運動神経と筋の良さは指導にあたった殺陣師の折り紙付き。万次との決闘シーンは見どころの一つとなった。三池監督も「今までと違う一面を自分の内面から出してきた。大変なプレッシャーすらも自分に取り込んでしまう彼の性格がうまく作用した」と太鼓判を押している。
逸刀流を狙う集団・無骸流に所属し、天津を倒すべく万次に共闘を持ちかける尸良役には市原隼人が起用された。市原は自分の役どころについて「間違いなくこれまで演じたことのない最恐の役でした」と語っている。

天津がもっとも信頼を寄せる最強の女剣士・乙橘槇絵役を演じる戸田恵梨香は、本作が初のアクション映画となる。戸田は「槇絵はかっこよさと儚さと可憐さもつすごく魅力的な女性で、そういう女性像は今まで演じたことがなかったですし演じていてとても気持ちが良かったです」とコメント。なお戸田と木村の共演は2005年放送のドラマ『エンジン』以来となる。
そのほか、逸刀流の刺客・閑馬永空役の市川海老蔵をはじめ、伊羽研水役に山崎努、吐鉤群役に田中泯、黒衣鯖人役に北村一輝、百琳役に栗山千明、凶戴斗役に満島真之介と実力派が起用された。原作者の沙村広明は「木村拓哉さんはもちろんですが、お会いしたキャストの皆様が、原作のイメージよりも美男美女の方が揃っており、本当にいい俳優の方々に演じてもらったなと感謝の念がすごくあります」と期待のコメントを発表している。

『無限の住人』
2017年 4月29日(土・祝)全国ロードショー

[コメント]
福士蒼汰(天津影久役)
最初は悪役と聞いて、自分自身そのような役を演じたことがなかったので素直に楽しみだなと思いました。天津影久は、一本芯が通っていて、志を持って生きている人物です。ただの「悪人」というわけではないので、悪の中にある人間味をどう演じるか意識しました。三池監督とは『神さまの言うとおり』以来、2作目のお仕事になります。前回同様、自分が思う天津影久を体現していくとそれを監督が受け止め、もっとこうしようとアドバイスを下さりました。自分にとって、挑戦しながら沢山の勉強ができる現場でした。木村さんとは初めて共演させて頂きましたが、全力でぶつかってきて下さるので、自分も全力で挑むことができました。そのような環境を作っていただいたので、緊張しながらもとても刺激になる撮影でした。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集