ガイナックス、サウジアラビア・アリナト社と共同制作した新作アニメ「沙漠の騎士」を発表 | アニメ!アニメ!

ガイナックス、サウジアラビア・アリナト社と共同制作した新作アニメ「沙漠の騎士」を発表

ニュース

2016年10月27日に、UAEで開催された日本のポップカルチャーの祭典「ANI:ME」にて、新作アニメ『沙漠の騎士(Desert Knight)』が発表された。本作はガイナックスとサウジアラビアのアリトナ社と共同で制作された。そのトレーラー映像も公開された。

アニメ『沙漠の騎士』を共同制作するのは、日本のガイナックスと、サウジアラビアのアリナト(ARINAT)社である。公開されたトレーラー映像は、 ガイナックス・アリナトの両社でストーリーや構想を練り、 今年の夏に制作を手がけたものだ。
「ANI:ME」の会場で『沙漠の騎士』のトレーラー映像が披露されると、アラブの若者や騎士の登場に大きな反響があった。「早くこの映画を見たい」「アラブのキャラクターがアニメに登場するのは夢のようだ」「歴史のストーリーより未来の話が良い」といった意見も登場。作品への期待が高まっている。



今回の共同制作について、ガイナックスの山賀博之社長は「コンテンツと映像制作における中東とのコラボレーションにガイナックスが先頭に立ち、新しいアイデアとプロセスで制作することに大変期待をしています。」とコメント。アリナト社のブカーリ・イサム最高経営責任者は、「Made in Saudi with Japanという考えの下で新しい価値を作りたいと思っています。アニメやゲームのノウハウを日本から導入するだけはなく、サウジアラビアから世界に向けて新しい作品を発信していきたい。」と今後への期待を述べた。

ガイナックスは1984年に設立され、『王立宇宙軍オネアミスの翼』や『新世紀エヴァンゲリオン』、『天元突破グレンラガン』などを制作してきたアニメ制作会社だ。
タッグを組むアリナト社は、サウジアラビアの大手メディア会社である「サウジ・リサーチ・アンド・マーケティング・グループ」の傘下で、アニメやコミック、ゲームなどのコンテンツ・ビジネスを手がけている。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集