「東映特撮ファン感謝祭」11月5日より順次配信 第1弾は歴代のイエロー戦士が集結 | アニメ!アニメ!

「東映特撮ファン感謝祭」11月5日より順次配信 第1弾は歴代のイエロー戦士が集結

ニュース

2016年10月30日、アプリ「東映特撮ファンクラブ」のサービス開始1周年を記念したイベント「東映特撮ファン感謝祭2016」が開催された。11月5日からはアプリ内でイベントの映像配信がスタート。東映特撮の祭典を自宅や出先でも楽しめる。

「東映特撮ファン感謝祭2016」は東映特撮にまつわる様々なゲストを迎えたイベントである。第1部は「平成仮面ライダー」編として、『仮面ライダーアギト』津上翔一役の賀集利樹、『仮面ライダー555』乾巧役の半田健人、そして両作品の脚本を手がけた井上敏樹が登壇した。司会・モデレーターにはヒップホップグループ・RHYMESTERのメンバーで、映画評論も人気の宇多丸が務めた。
ステージでは作品の枠を越えてクロストークでは主演コンビが放送当時の様々なエピソードを公開。井上によって名ゼリフや名シーンの生まれた背景が明かされたり、両作品の大ファンである宇多丸による鋭い質問も飛びだして大盛況を見せた。

第2部は「スーパー戦隊」編として『侍戦隊シンケンジャー』花織ことは役の森田涼花、『烈車戦隊トッキュウジャー』ミオ役の小島梨里杏と女性キャストが登壇。さらに『忍風戦隊ハリケンジャー』尾藤吼太役の山本康平、『魔法戦隊マジレンジャー』小津翼役の松本寛也も出演し、計4名の歴代イエロー戦士が相見える貴重な機会となった。
スーパー戦隊の中でも男性も女性も演じる特殊な色・イエローを掘り下げるトークセッション「スーパー戦隊!大!イエロー戦士祭り」では、4人が抜群のコンビネーションを披露した。各戦士たちが自分の変身シーンを再現する一幕もあり、こちらもスーパー戦隊ファン必見の内容である。

アプリ「東映特撮ファンクラブ」では11月5日よりイベントの配信がスタート、第1回配信は第2部「スーパー戦隊!大!イエロー戦士祭り」の模様を楽しめる。
なおイベントの冒頭では『仮面ライダーエグゼイド』のオリジナルストーリーを「東映特撮ファンクラブ」限定で制作・配信することも決定した。詳細はサービス内にて発表される。

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集