「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」主題歌はMONKEY MAJIKの新曲「A.I am Human」 | アニメ!アニメ!

「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」主題歌はMONKEY MAJIKの新曲「A.I am Human」

ニュース

石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の映像化50周年を記念したフル3DCGアニメ『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』は、11月25日に2週間限定の劇場公開がスタートする。このたび、本作の主題歌がMONKEY MAJIKの書き下ろし新曲「A.I am Human」に決定した。

MONKEY MAJIKは2006年にメジャーデビューした4ピースロック・バンドである。新曲「A.I am Human」は国籍を越えて固い絆で結ばれたサイボーグ戦士たちが、平和のために闘うという本作の世界観をイメージして制作された。
主題歌への起用について、MONKEY MAJIKは「自分たちが生まれる前から続く大作アニメ『サイボーグ009』の最新作の主題歌を制作できるなど想像もしていませんでした。僕たちMONKEY MAJIKは宮城を拠点に活動をしていますが、作者・石ノ森章太郎先生は同郷であり、宮城の誇りでいらっしゃいます。先生の作品に対しては特別な想いを抱いており、世界中から愛されるこの作品に携われることを、とても光栄に思っています」と感激のコメントを寄せている。

「A.I am Human」という題名については「作品を全て拝見し、人の心とサイボーグの身体を持つ主人公の葛藤、ゆえに抱く正義や愛を感じていました。その狭間に抱く想いをA.I.(=サイボーグ) am Human(=人間)として、タイトルに託しました」とその理由を明かす。
さらにメロディについては「世界を救うために立ち上がるスーパーヒーローの力強さ、疾走感を感じられる仕上がりにしたいと思っていました。また、世代を超えて長年愛されるアニメですので、ブレイクポイントとサビに、70~80年代らしいノスタルジックな要素を入れました」と様々な想いが込められているようだ。

主題歌を聴いた柿本広大監督は「MONKEY MAJIKさんの曲が持つ、優しさや強さの中に感じる一抹の哀しさが、まさにゼロゼロナンバーサイボーグ達の過去や悩みを連想させて、聴く度に胸が熱くなります」とその仕上がりを絶賛した。
またキャラクターデザイナー・齋藤将嗣が描き下ろしビジュアルも公開された。MONKEY MAJIKのメンバーがジョーたちと共にサイボーグスーツを身にまとった特別な1枚に仕上がっている。

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』
11月25日(金)より 各章2週間限定 劇場公開
第1章: 11月25日(金)~12月8日(木)
第2章: 12月2日(金)~12月15日(木)
第3章: 12月9日(金)~12月22日(木)
(c)2016「CYBORG009」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集