入れ替わる“男女”を描く新海誠監督最新作 今週注目の映画「君の名は。」 | アニメ!アニメ!

入れ替わる“男女”を描く新海誠監督最新作 今週注目の映画「君の名は。」

8月が終わりを迎えつつも残暑が厳しい8月第4週の映画は、新海誠監督作品の『君の名は。』だ。

ニュース
8月が終わりを迎えつつも残暑が厳しい8月第4週の注目映画は、新海誠監督作品の『君の名は。』だ。

2013年の『言の葉の庭』以降3年ぶりの新作となる本作のあらすじは、都会への憧れが強い山奥の田舎町に住む女子高生の宮水三葉と、東京に住む男子高校生立花瀧の身体が夢の中で入れ替わり、残されたメモなどから入れ替わった相手の人物を少しづつ理解しつつ、逢いにゆくというもの。

登場人物のキャストは、立花瀧役を神木隆之介が、宮水三葉役を上白石萌音が、奥寺ミキ役を長澤まさみが、宮水一葉役を市原悦子が、勅使河原勝彦役を成田凌が、名取早耶香役を悠木碧が、藤井司役を島崎信長が、高木真太役を石川界人が、宮水四橋役を谷花音が演じる。スタッフは、原作/脚本/監督に新海誠氏が、作画監督を安藤雅司氏が、キャラクターデザインを『あの花』や『あの夏』の田中将賀氏が、音楽をRADWIMPSを、制作をコミックス・ウェーブ・フィルムが担当する。

新作『君の名は。』は、上映時間が1時間40分以上と前作の監督作品『言の葉の庭』が46分の短編であることを考慮すると2011年の『星を追う子ども』以来の長編だ。新海誠作品で一貫して共通しているのは、透き通るような青空と絵画的な美しさを持つ背景やライティングで、その特徴は映画作品だけでなく新海誠氏が手掛けた数々のCMなどでも発揮されている。本作は、東京や田舎が舞台となることから、高層ビル群や自然の描写、上空を走る彗星の描写などが見どころとなるだろう。

いよいよ公開となる『君の名は。』は、全国劇場で8月26日より公開予定だ。

《G.Suzuki》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集