「日本アニメ(ーター)見本市」トークイベントに本田雄、前田真宏、沖浦啓之が登壇 | アニメ!アニメ!

「日本アニメ(ーター)見本市」トークイベントに本田雄、前田真宏、沖浦啓之が登壇

7月30日、「日本アニメ(ーター)見本市」の資料集発刊記念トーク&サイン会「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」がニコニコ生放送にて配信された。第6話「西荻窪駅徒歩20分2LDK 敷礼2ヶ月ペット不可」共同監督の本田雄と前田真宏、原画の沖浦啓之が登壇した。

ニュース
「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」
  • 「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」
  • 「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」
  • 「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」
  • 「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」
  • 「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」
  • 「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」
7月30日、「日本アニメ(ーター)見本市」の資料集発刊記念トーク&サイン会「アニメ(ーター)海の家 @渋谷2.5D」がニコニコ生放送にて配信された。イベントでは第6話「西荻窪駅徒歩20分2LDK 敷礼2ヶ月ペット不可」の共同監督を務めた本田雄と前田真宏が登壇。さらに本田雄と原画を務めた沖浦啓之の作画対談も実現した。

第1部では本田雄と前田真宏が出演。本作について、本田は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』でやり残したことがあったという想いから生まれた作品だと明かし、「巨大なものと人間の目線を行ったり来たりするアングルの面白さをやりたかった」と語った。またファンタジックな世界ではなく普通の家を舞台としたことや、女の子と巨人という設定も自らの発案だったと振り返る。
イベントではイメージボードが公開され、ゴキブリを擬人化した男性キャラクターが登場する展開もあったという裏話が飛び出した。だが予定尺に収まりきらなかったことから、そのアイデアは全面的にカットされたそうだ。主人公の女の子については、本田が「昔の少女漫画のような、ふわっとした感じで描きたかった」とイメージを語り、原画をそのまま使うと線の隙間が空いて色が塗れないため、原画とは別に色を塗るための線画を用意したといった苦労話なども披露された。

第2部では本田雄と沖浦啓之が作画をテーマに自由なトークを繰り広げた。まずは本田が制作進行に「この動画の中から井上俊之さんのカットを当てたら上がりを出しますよ」とクイズを出したというエピソードを語った。本田は「手の芝居を見れば一目瞭然ですよ!」とコメントしつつも、「沖浦さんと井上さん(の作画)はよく似ているから区別つかないかも……」とつぶやいて笑いを誘った。
これに対して沖浦は「井上さんの絵はバージョンアップしているけど、デッサンの正確さは変わっていない。おれの場合は絵柄とかどんどん変わってきているから」と語り、カリスマとも称えられる井上の仕事ぶりを絶賛。アニメファンだけでなく業界関係者にとっても興味深いイベントとなった。なおイベントの模様は8月31日まで、ニコニコ生放送のタイムシフト機能を使って視聴できる。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集