「シン・ゴジラ」発声可能上映 新宿バルト9で開催決定 チケットは即完売 | アニメ!アニメ!

「シン・ゴジラ」発声可能上映 新宿バルト9で開催決定 チケットは即完売

映画『シン・ゴジラ』発声可能上映の開催が決定した。会場は新宿バルト9で、8月15日19時からの上映回を予定している。すでにチケットは完売しており、当日は熱狂的なファンで盛り上がりを見せるだろう。

ニュース
映画『シン・ゴジラ』発声可能上映の開催が決定した。会場は新宿バルト9で、8月15日19時からの上映回を予定している。すでにチケットは完売しており、当日は熱狂的なファンで盛り上がりを見せるだろう。

『シン・ゴジラ』発声可能上映は、声出しやサイリウムの持ち込みが許可された特別上映会である。名称は異なるが映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』で注目された応援上映と同じスタイルの企画となっている。
8月9日0時に発売された前売チケットはすでに完売しており、ファンの関心も高いようだ。観客がどんな場面でどんな反応するのか、まったく予想がつかない企画である。
なお来場者のコスプレも許可されている。本作にはゴジラ以外にも個性的な政治家や政府関係者たちが多数描かれているが、そんな登場人物のコスプレ姿も見られるのだろうか。ファンとの一体感を味わえる上映イベントに期待したい。なお上映中の撮影や、火器類の持ち込み、クラッカーや笛などの鳴り物の使用、飛ぶ、跳ねる、暴れるといった行為は禁止されている。

『シン・ゴジラ』はメインスタッフに庵野秀明総監督と樋口真嗣監督を起用したシリーズ第29作目である。突如東京湾に出現し、東京の中心に突き進むゴジラと、その対応に追われる日本国政府の攻防を描いている。
主演の長谷川博己をはじめ、竹野内豊、石原さとみなど豪華俳優陣を起用し、公開後にはゴジラのモーションアクターを野村萬斎が担当していることが発表された。公開4日間で興行収入は10億円を突破しており、最終的な興収は40億円を見込まれている。
[高橋克則]

『シン・ゴジラ』
7月29日公開
(c)2016 TOHO CO.,LTD.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集