ディズニー最新作「モアナと伝説の海」2017年3月公開決定 | アニメ!アニメ!

ディズニー最新作「モアナと伝説の海」2017年3月公開決定

ニュース

『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『塔の上のラプンツェル』など様々な名作を発表し、前作『アナと雪の女王』で歴史を塗り替える驚異的な大ヒットを記録したディズニー・アニメーション。そのディズニーの最新作『モアナと伝説の海』が2017年3月10日に公開されることが発表された。
公開日にあわせ、ヒロインのモアナが船で海を航海していく強い想いを感じさせるポスタービジュアルも同時に公開された。

前作『アナと雪の女王』は2014年6月に公開128日間で日本歴代3位、世界歴代5位、アニメーション映画としての興行収入は全世界一位を記録した。今作の舞台は雪山から美しい南の海に移し、前作のエルザやアナとは新たなヒロインが活躍する。

世界中で愛されるディズニー・アニメーションの魅力のひとつであるヒロインの歌声も今作も健在だ。数々の伝説が残る島で生まれ育ち、幼い頃の「ある体験」がきっかけで海と運命的な絆で結ばれ、「海に愛される」という特別な力を持つようになった16 歳の美しい少女、モアナ。今回監督を務める巨匠ゴールデンコンビのロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督は、『リトル・マーメイド』、『アラジン』といった伝説的な名作を世に贈り出してきたが、永遠のミュージカルナンバーを生み出してきた彼らならではの珠玉のオリジナルソングが奇跡の映像美をドラマティックに彩る。
監督たちだけでなく、他のスタッフも豪華な顔ぶれが名前を連ねている。『アナと雪の女王』以降、初 となる新たなディズニーヒロインの歌声にも全世界の注目が注がれる中、 楽曲を提供するのは、音楽家マーク・マンシーナとブロードウェイの大ヒットミュージカル「ハミルトン」で 第70回トニー賞受賞のリン=マヌエル・ミランダという名曲誕生を予感させるコンビだ。

海をキャラクターのひとつとして描いたという本作。その映像美と好奇心と勇気に溢れたモアナが聴かせてくれるだろう名曲が一体どのようなものか。興味はつきない。

『モアナと伝説の海』
監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』、『アラジン』)
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集