「風のように」上映イベント開催決定 原作者・ちばてつやも公開初日に来場 | アニメ!アニメ!

「風のように」上映イベント開催決定 原作者・ちばてつやも公開初日に来場

ニュース

ちばてつやのマンガを原作とするアニメ映画『風のように』は、7月9日に下北沢トリウッドで劇場公開される。上映期間中の土日祝日には監督の本多敏行と作画監督の野口征恒をホストに、多彩なゲストを迎えてのトークイベントが行われる。原作者のちばてつやをはじめ、本作に関わったメンバーの貴重なトークを楽しめる。

まず公開初日の7月9日には原作者のちばてつやが登壇。本作は1969年に「週刊少女フレンド」(講談社)で発表された短編マンガを原作としており、当時としては珍しく環境問題に踏み込んだ描写も存在する。イベントでは作品に込めた想いやアニメ映画版の製作経緯などを知ることができそうだ。
10日には大橋学、17日には増田敏彦と、本作で原画を手がけたアニメーターが出演。数多くの作品に携わってきた二人のトークに注目だ。16日と29日には主題歌「恋風」を手がけたシンガーソングライターの松本佳奈が登壇。会場で歌声も披露されることになるのか期待したい。23日には村上もとか、紅林直、24日には一本木蛮をゲストに迎える。ちばてつやと縁のあるマンガ家たちがどのようなトークを繰り広げるのだろうか。

イベントは7月29日のみ16時の回の上映後、そのほかは12時の回の上映後を予定している。イベント付き上映の価格は一般1400円、中学生以下1000円、通常の上映回は一般900円、中学生以下700円(全て税込)となる。また『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の半券を提示すると一般料金から100円が値引きされる。
なお下北沢トリウッドでは上映期間中、週替わりでミニ原画展を開催する。ここでしか見られない原画や複製原画が展示される。さらに劇場受付で配布する短冊を書いた人に抽選でプレゼントが当たる企画も予定している。
[高橋克則]

『風のように』
2016年7月9日(土)より下北沢トリウッドにてロードショー
(c)ちばてつや/エクラアニマル
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集