「ラスカル子ども映画祭」8月・多摩市で開催 アフレコ体験や作画ワークショップも | アニメ!アニメ!

「ラスカル子ども映画祭」8月・多摩市で開催 アフレコ体験や作画ワークショップも

ニュース

日本アニメーションが多摩市、一般社団法人キンダー・フィルムとともに子供向けのアニメーション映画祭「せいせき桜ヶ丘ラスカル子ども映画祭with キネコ国際映画祭」を開催する。
開催日は8月6日・7日の2日間となり、場所は多摩市にある関戸公民館だ。参加費は無料。イベントでは、上映会に加え、アフレコ体験や作画体験ワークショップが実施される。

本イベントは、昨年9月に日本アニメーションの創業40周年を記念して初開催。1歳から楽しめるアニメーション映画祭として多くの来場客が訪れた。2年連続での開催となる今回は、同社が製作する『あらいぐまラスカル』『ちびまる子ちゃん』をはじめとして全15作品のアニメーション映画を上映。一部作品では、舞台の袖でプロの声優がアテレコをする「ライブシネマ」形式での上映も行う。

映画の上映に加えて、アニメ制作を体験できるコーナーも用意する。アテレコに挑戦できる声優体験と、アニメーターが現場で使用する機材を使ってのトレース作画体験の2種類がワークショップとして出展。アニメーション制作の楽しさ、難しさを実際に体験できる。
声優体験は1日に2回、トレース作画体験は1日に3回行われ、どちらも各回先着10名が参加できる。開始30分前から受付を開始されるため、興味のある人は早めに足を運ぶとよさそうだ。

このほかにも『ラスカル』を題材にしたグリーディングや、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターでの謎解きラリーイベントも開催。
ショッピングセンターではオープンTVシアターが設置され、ここでも「世界名作劇場」シリーズオープニング映像の4Kリマスター上映や複製画展示が開催される。子供を中心に、今年も多くの人で賑わうイベントになるだろう。

せいせき桜ヶ丘ラスカル子ども映画祭with キネコ国際映画祭
会期:2016年8月6日(土)・7日(日)
場所:多摩市関戸4-72 ヴィータ・コミューネ8階
【上映会】関戸公民館ヴィータホール
【ワークショップ】関戸公民館第1・第2会議室
料金:上映会、アニメ制作体験ワークショップともに無料
共催:多摩市、日本アニメーション株式会社、一般社団法人キンダー・フィルム
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集