Anime Expo 2016にワーナー・ブラザース ジャパンが出展 「アクセル・ワールド」新作冒頭を上映 | アニメ!アニメ!

Anime Expo 2016にワーナー・ブラザース ジャパンが出展 「アクセル・ワールド」新作冒頭を上映

ニュース アニメ

アメリカ・ロサンゼルスで開催中の北米最大級のアニメコンベンション「Anime Expo 2016」にワーナー・ブラザース ジャパンが出展。日本時間7月3日には同社初となるアニメラインナップパネルを開催した。
会場には川村明廣や川瀬浩平、鶴岡信哉といった同社のプロデューサーや宣伝マンが登壇。『ジョジョの奇妙な冒険』『SHIROBAKO』といった人気作から、今年、来年と国内および北米で展開するさまざまなアニメタイトルを紹介した。

アニメの最前線で活躍するスタッフの生のトークを聞くことができるということもあり、トーク会場には約540人の観客が集結。海外でも同社の作品が高い人気を誇ることが分かる。 
トークの中では『覆面系ノイズ』『MARGINAL#4』といった日本国内での放送もされていない作品に関しても触れられた。
「WIXOSS」シリーズの最新作『Lostorage incited WIXOSS』も前作に引き続きワーナー・ブラザース ジャパンが製作幹事を行うことが明かされるなど、新情報も多かった。

アメリカでは『食戟のソーマ』が特に人気が高いようで、川瀬プロデューサーが作品の話題を出すと大きな歓声が客席からあがった。
そして鶴岡は『モブサイコ100』『天鏡のアルデラミン』『競女!!!!!!!!』といった新作タイトルの概要を説明。『競女!!!!!!!!』の内容を説明するときには川瀬と尻相撲のデモンストレーションを実施し、会場を笑わせた。

続いて、7月23日に日本での劇場公開を控える新作『アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-』の冒頭7分間の映像がサプライズで世界初公開。
シルバークロウやブラック・ロータス、スカーレット・レインといったおなじみのアバターたちの戦いが描かれていた。
本作について川瀬は「アクション、アクション、そしてアクション。とにかくアクションです」と話す。アクション要素が詰まった作品に仕上がっているようだ。

イベント最後には、来場者全員参加のプレゼントじゃんけん大会を実施。勝者には、キャストや監督、スタッフのサイン入り台本やポスターが贈呈された。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集