10年ぶりのアニメ「D.Gray-man HALLOW」7月4日放送 第1話のアレンたちの姿が明らかに | アニメ!アニメ!

10年ぶりのアニメ「D.Gray-man HALLOW」7月4日放送 第1話のアレンたちの姿が明らかに

ニュース アニメ

テレビアニメ『D.Gray-man HALLOW』は7月4日よりテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知にて放送がスタートする。このたび、第1話「14番目」のあらすじと先行場面カットが公開された。ダークな世界観と激しいアクションに期待が膨らむ内容となっている。

物語の舞台は仮想19世紀末。殺人兵器のAKUMAを製造する千年伯爵と、AKUMAを破壊できる唯一の存在である黒の教団のエクソシストたちの戦いを描いている。
第1話「14番目」では、黒の教団の新本部に向かったアレン・ウォーカーが、ルベリエ長官の命令で左手を拘束されてしまう。別室に通されるとそこには師匠であるクロス元帥の姿があった。アレンはルベリエたちが立ち会う中で、クロスから衝撃の事実を告げられる……。
先行場面カットにはアレンをはじめ様々なキャラクターが登場。アクションシーンのカットもあり、新シリーズでも過激なバトルが繰り広げられるようだ。

本作は2004年に「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートした星野桂のマンガ『D.Gray-man』が原作だ。15年からは「ジャンプSQ.CROWN」にて連載中で、16年6月には約3年ぶりとなる単行本25巻が刊行された。シリーズ累計発行部数は累計2350万部を突破している。2006年にはテレビアニメ化され、全103話が放送されるロングヒット作となった。
今回の新シリーズはスタッフとキャストを一新し、監督は『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』、主人公のアレン役は『ハイキュー!!』の村瀬歩が担当。アニメーション制作は前作と同様に『弱虫ペダル』や『ばくおん!!』のトムス・エンタテインメントが行う。
[高橋克則]

テレビアニメ『D.Gray-man HALLOW』
7月4日よりテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知にて放送開始

(c)星野桂/集英社・D.Gray-man製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集