「ONE PIECE」夏スペシャル追加キャストに水原希子、浜辺美波、渋川晴彦 | アニメ!アニメ!

「ONE PIECE」夏スペシャル追加キャストに水原希子、浜辺美波、渋川晴彦

ニュース

『ONE PIECE FILM GOLD』の前日譚として7月16日に放送予定の夏スペシャル『ワンピース~ハートオブゴールド~』。史上最凶のトレジャーハンター、マッド・トレジャー役のゲスト声優として俳優・小栗旬の出演が発表されていたが、更なる追加キャストとして水原希子、浜辺美波、渋川晴彦の3名が発表された。

今回の物語ではルフィたち麦わらは海軍とマッド・トレジャーに追われるオルガという謎の少女に出会う。追われている理由は彼女の生まれが“アルケミ”という200年前にこつ然と消えた鉄鋼の島で、生み出された“ピュアゴールド” という金属は手に入れれば世界を買い取れるほどの莫大な価値があると言われているからだ。ひょんなきっかけでアルケミを脱出できたオルガだったが海軍に捕まってしまい、アルケミの生き残りがいたことが海軍本部と裏世界を仕切るギルド・テゾーロから依頼を受けたマッド・トレジャーの知るところとなってしまったという展開だ。

水原はマッド・トレジャーの手下であり宝石が大好きなアーチャー・クイーン、ナオミ・ドランク。浜辺が演じるのは謎の少女、オルガ。そして渋川はピュアゴールドを生み出したサイエンティストでオルガの父であるアシエ・ミスキナをそれぞれ演じる。

水原は「『ワンピース』は子供の時からずっと見ていたので、出演が決まってとてもうれしかったで す。アニメのキャラクターに声を合わせていくというのが初めてだったんですけど、深く考え ずに自分が思ったとおりにやってみました。監督にも気に入っていただいて、楽しかったで す。ナオミ・ドランクは酒好きでちょっとやんちゃなキャラクターなので、常にけんか腰の口 調でいるところに気をつけました。普段は男勝りなんですけど、実際に攻撃されるときは 女の子っぽくなっちゃったりするので、その二面性を見せられたらいいなと思って演じました」とコメント。
浜辺は「『ワンピース』に出演が決まってうれしかったです。初めてのアフレコはとても難しくて苦労しました。監督さんに気持ちの表現を教えていただきながら何とか終えましたが、食べ物を食べるシーンで、“もぐもぐ”とか声で表現するところが特に難しかったです。オルガ・ミスキナは口調がキツイところもありますが純粋な女の子だと思いました。『ワンピー ス』はみんなで前を向いて冒険をしていくところに元気をもらえます。爽やかなストーリーで見ていて楽しいです」と手ごたえを感じさせた。
そして渋川は「身にあまる光栄です。初めての体験はなかなか苦しく楽しくて、監督はじめプロの作 り手の方々に身をゆだねて『ワンピース』の世界に入れるよう、精一杯アシエをやらせて もらいました。娘を思う父親の気持ちが少しでも表現できていたら幸いです」とベテランの貫禄漂うコメントを寄せた。

映画の公開も間近に迫り、アニメ17年目にしてますますの盛り上がりを見せる『ONE PIECE』。今回のスペシャルも我々をワクワクさせる冒険へと導いてくれるだろう。

(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集