「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る | アニメ!アニメ!

「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る

ニュース

「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る
  • 「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る
  • 「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る
  • 「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る
  • 「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る
  • 「コンクリート・レボルティオ」最終回放送前夜祭 水島監督、メインキャストが作品への想いを語る
TOKYO MXでの放送を皮切りに各局で最終回を迎えた『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG』。それに先駆けて6月18日、TOHO シネマズ新宿ではメインスタッフ&キャストによるイベント「最終回放送前夜祭 コンレボってる場合ですよ!!」が開催された。

登壇したのは司会進行役のフリーアナウンサー・松澤千晶と、人吉爾朗役・石川界人、星野輝子役・上坂すみれ、そして風郎太役・中村繪里子の3人。
メインキャストたちは最初のオーディションから一年あまりが過ぎた今の感想や、本作のモチーフとなっている昭和への思いなどを語る。中村は「風郎太というキャラクターは変わらない時間を生きているけれど、自身はセリフのひとつひとつにきちんと向き合うことで役者として成長できた」と述べた。

続けて監督・水島精二と原作・シリーズ構成を担当した會川昇が登壇。本作を手掛けているうちに食事量も増えてしまい太ったという水島監督は、各種デザインに関する膨大な設定量の多さが原因だと説明。
また會川は、ゲストキャラが物語終盤で一堂に会したときの苦労話を披露。會川は演じるキャスト陣も全員集めたかったが、やりくりに苦心する音響監督とのせめぎあいがあったと述懐した。

そしてイベントでは、第23話の生コメンタリー上映、さらにテレビ放映に先行して最終回が上映されることに。
生コメンタリー上映では、テンションの上がったキャスト陣が思いの丈をセリフに込めて、会場の笑いを誘っていた。また第23話で登場する「およげ!たいやきくん」の話題も飛び出し、トークも一段と昭和の空気を醸し出す。

最終話の上映を経てキャスト、スタッフ陣が再び登場すると、上坂は「大きな転機となった作品ですし、なんの虚飾もなくこの役は宝物です。人生の指標にもなりました」と感慨深い様子。
さらに水島監督は「スルメみたいなフィルムで、見返せば見返すほど長く楽しめると思います」と語りイベントを締めくくった。

『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG』
(C) BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集