デッドプールが教える「X-MEN:アポカリプス」のトリビアとは? 特別映像が公開 | アニメ!アニメ!

デッドプールが教える「X-MEN:アポカリプス」のトリビアとは? 特別映像が公開

ニュース

映画『X-MEN:アポカリプス』が2016年8月11日に国内公開を迎える。ファンからも注目の熱い本作の特別映像が公開された。映画が大ヒット公開中のデッドプールが登場し、軽口を交えつつ『X-MEN:アポカリプス』のトリビアを紹介している。

『X-MEN:アポカリプス』は、世界的にヒットを遂げてきた「X-MEN」シリーズの最新作だ。X-MEN結成の秘話が描かれるとして注目を浴びている。
舞台は1983年。ミュータントたちの始祖であり文明の誕生以前から存在していた「アポカリプス」が眠りから目を覚ます。人間の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスと、ミスティークを中心とした若いミュータントたちがかつてない戦いに挑むというストーリーだ。

公開された特別映像では、、本作の予告編かと思いきや「やぁ、日本のみんな」とデッドプールが呼びかけてくる。デッドプールは日本で6月1日に映画が公開され、観客動員数100万人を超える大ヒットを記録している。デッドプールは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』にも出演しており実は、X-MENファミリーの一員。特別映像では「デッドプールが教える『X-MEN:アポカリプス』トリビア」と銘打って、作品を紹介している。



デッドプールは、予告編でも見逃しがちな5つのポイントを解説。最初から「目覚めの悪いアポカリプスにプロフェッサーXがボコられるという内容」とデッドプール節が炸裂するが、徐々にデタラメまで言い出す始末だ。さらに自身が出演しているとまで発言し、自身が出演する『デッドプール』の宣伝も忘れない。

果たして『デッドプール』は真実を語っているのか? ぜひ劇場で確認したい。

『X-MEN:アポカリプス』
8月11日(木・祝) TOHOシネマズ スカラ座他3D/2D全国ロードショー
(C) 2016 MARVEL (C) 2016 Twentieth Century Fox
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集